画像5

 民間企業経験者・社会人試験の合格法

 

Q 市役所社会人試験の難易度はどの程度ですか?
2016年 択一試験対策編 

 


 

 
A こちらをご覧ください。

Q : 大学受験の偏差値で言ったら、大体いくつくらいでしょうか?
    
A : 代ゼミの偏差値でいえば、
    社会人は50~70までいろいろです。
    
Q : 既卒30代の民間企業で働く者ですが社会人試験とはどのような試験ですか?
  
   
A : 社会人試験は、国と自治体がありますが、国の場合は国家一般職係員級の試験です。  
    25年度から制度が変わったので、割愛させていただきます。
    自治体の場合は、若干名採用の場合と、20名程度の採用の場合では事情が異なります。
    特別区・横浜市・川崎市のように毎年数十名を採用する自治体では、即戦力を求める狙
    いもあるでしょう。欠員補充の意味もあると思います。
    非常に難易度の高い試験です。

 Q : 先生の総合講座では、合格実績が高いということですが、秘訣があるのでしょうか?

 A : 受験者の方としっかり打ち合わせをしながら面接や志望動機を作っていき、筆記対策を
    していくことで合格実績が高くなるのだと思っています。   
   
 
Q : 面接対策はできますか?    
    
A : スカイプでの面接指導で十分合格できます。
    


Q : 社会人が受験する場合はどのように受験勉強をしたらいいでしょうか?    
    
A : 試験対策としては、教養科目は毎週テストDocで数十日で合格できると思います。
    論文は、職歴などについて、表現を一緒に考えていかなければなりません。
    長い時間が必要だと思います。
    
Q : 合格するためのポイントは?    
    
A : DVDと毎週テストDocによって得点力は身に付くので、とにかく継続することです。
    忙しくても継続することが大切です。  
    毎週テストDocは、どこでも勉強できる教材ですので、忙しい社会人にはピッタリです。
    
Q : 挫折する危険性が少ないということですね?    
    
A : そうですね。受験生の多くが、毎週テストDocは継続しやすく、理解しやすい教材です。
    「ちょっと忙しくて休んでいましたが、また始めます。」なんてことも簡単です。
    
Q : その他に大切なことはありますか?   
    
A : 受験勉強は「自分の中の迷い」との戦いです。
    試験に落ちる前に、自分に敗けてしまうのが受験で失敗する原因の99%です。
    しかし、迷いの勝つのは難しい。
    迷っても、また簡単に始められることが受験に失敗しない最良の方法なのです。、

ページのトップへ戻る