東大カリスマ講師の公務員試験予備校

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
東大公務員試験予備校 総合情報ガイドへようこそ!
公務員試験・資格試験に関する情報を幅広く掲載しています。掲載内容は、科目別勉強法、試験の難易度、合格率、日程、受け方、出願から、学習の始め方、試験内容、合格法まで多岐に渡ります。試験について何も知らない方から、すでに学習を始めている方や今年の本試験を受験して答え合わせをしたい方まで、公務員受験生・資格試験受験生のあらゆるニーズに東大カリスマ講師が答えます。
  1.  インターネットで出願して
  2.  マークシートに塗り絵して
  3.  予備校の模範答案を暗記して
  4.  話し方練習したことを実践すれば
公務員になれると思っている人は公務員試験に落ちます。

何故、あなたを採用しなければならないのか、理由を考えてから受験を考えるのが合格の基本。
大卒公務員試験は「これから組織に染まる原石」だから採用される。
社会人公務員試験は、既に習得した技術・経験が公務員で役に立つから採用される。
社会人公務員試験は役所で役に立つ「技術・経験」のない人は合格できない試験です。
① 専門資格を持っている人
② 総務・人事・経理・会計・税務の仕事の経験者
③ 法律実務の経験がある人(司法試験合格者ならbetter)
④ 金融機関・公務員等の退職者
⑤ 役所の仕事に役立つ経験を持っていると思う人

受験要項をよく読んでください


 
社会人試験は職務経験年数などに制約があります。
求める人間の資質や職業について制約があります。
例えば国税庁経験者採用試験(国税調査官級)では、
  1. 公務に対する強い関心と、全体の奉仕者として働く熱意を有する者  ーーー 税務署や国家公務員の説明会に参加したことがある人
  2. 課題を解決できる論理的な思考力、判断力及び表現力を有する者   ーーー 論文・経験者論文で言いたいことが伝わる文章をかける人、事態顛末書、起案書などが書ける人
  3. 大学卒業後、民間企業、官公庁等において正社員・正職員として従事した職務経験が〇〇現在で通算8年以上となる者であって、これらの職務経験を通じて体得した効率的かつ機動的な業務遂行の手法その他の知識及び能力を有するもの   ーーー 係長程度の業務経験(後進指導経験が5.6年ある)がある人
  4. 採用後の研修又は職務経験を通じてその知識及び能力の向上が見込まれる資質を有する者  ーーー 択一テストの成績が平均点程度は取れる人
  5. 特に次のいずれかの職務経験を有する者
  • 公租公課に関する職務
  • 財務・経理に関する職務
  • 税理士、公認会計士等の業務の補助に関する職務
  • 情報処理、データ利活用、電子商取引など情報システム(ICT)を活用する業務
  • 海外企業との折衝又は外国語の知識(英語、中国語、その他の言語)を必要とする職務
  • 営業等、対人折衝を必要とする職務
  • 資金の貸し付けや運用に関する職務
  • 経営分析などの経営に関する職務

    上の赤字の部分が合格に必須の条件です。国税専門官の調査官級は税の専門家である国税専門官の中でも「調査」を担当する職分です。新卒で入庁してから課税部門を経験した後で任用される職級ですから課税について高い事務遂行能力が必要になる職務ですので、このような職務経験がない人は受験しても受からないと思った方が良いです。
    (国家公務員の場合は、職務が省庁ごとに専門化されているので、上記のように受験要項に明記してくれていて国民が無駄な受験を避けることができるように工夫がされていますが、地方公務員の社会人試験では明記されていないのが普通です。)
    国税専門官(調査官級)試験で試験要項の<求める人材>に適しているかどうかは、各々、各試験で評価されます。
    上記のように、税務署や国税庁の説明会に参加したことがない人が「公務に対して関心がある」とは論理的に考えられないので、最も重要なのは説明会に参加したことがあるかどうかです。
    次に、「何が書いてあるか、何を言いたいか、聞かれたことに答えているか」という3点を他人に伝えることができる文章を書く能力があるかどうかが重要です。公務員は文書社会ですから文書で稟議や起案を行います。国民に対する質疑応答も文書で行います。なので、適切な公文書を書ける素質もない人は合格できません。多くの受験生は予備校の模範答案・予想答案を書いていますが、出題者が見ているのは
    1 「問い」に答えているか
    2 「客観的」な論述があるか
    3 「構成」が論理的か
    4 ㊙
    などで、5段階評価で採点されます。5段階評価で、満点が600点の場合、1段階違うと120点、得点差が生まれます。社会人試験の択一試験は、満点評価が100点が多いので、論文が1段階上がるだけで択一試験が満点を取るよりも高い評価(順位)になります。
    さらに職務経験では、政府組織においては情報管理・情報伝達が重要なので、情報を収集する能力があること、そして、他の職員を指導・教育できる能力があることが求められますが、これも職務経験論文で示す必要があります。
    最後に、択一試験の勉強ができて、ある程度の点数が取れること。受験生の平均程度が取れれば十分です。今までの合格者を見る限り、択一試験は重要ではないです。仕事ができる人、今、仕事をしている人は受験勉強する暇がないですが、そういう「今、忙しい人」を採用したいのですから「忙しくてもこの程度の点数は取って欲しい」というのが合格基準点になっています。
    「特に」とあるので、これがなければ「求める人材ではない」と評価されるのが、最後の職務経験です。
    「特に」に記載された職務経験がない人が受験しても合格する可能性はないので、受験をしない方が良いです。現在の職務に邁進する方が人生は豊かになります。他の試験を受験している人は「こいつ、いろいろと受けるだけでどの仕事をしたいのか決まってないな。」と評価されるので止めた方良いでしょう。
    長年、公務員試験受験生を指導していて、一番時間の無駄だと思うのは、予備校担当者が受からない試験か、受かる試験かを見分けることができないために、受験生が闇雲に試験を受けてしまうことです。これは民間転職でも同じですが、面接まで進むことが目的ではなく、採用されることが目的なのに、面接まで進めば合格に近付いたと思う人が多いことです。採用試験は面接試験だけで十分です。 その他の筆記試験は「断るための方便」でしかない。書類審査でも、自分がどこの大学を出たかが重要だと思っている人は間違いで、どのような職務経験を、どのような順番で、どの程度の年数経験したか、そして部下をどの程度育てて来たかが重要です。
    組織は、人に業務をさせるためのシステムです。組織が大きくて完備していればいるほど、人は仕事を強制的に完遂するように仕組まれていますから、完成された企業や国家公務員組織では「仕事ができない人間(怠業・罷業する人間)」になることは難しい。だから、経験で見られるのはあなたを雇った組織が、あなたをどのように評価していたかということです。
    職務経験は、組織のあなたに対する評価によって、いくつかの異なる経験様式になります。それを見るのが書類審査です。また文章を短文で要領よく書けるかも採点されます。
    皆さんは、力を入れなければならないところをいい加減にしているから不合格になるのです。そして受かるかどうかが受験要項に明記されている部分(求める人材)をちゃんと読む能力がない(国語能力に欠ける)から落ちるのです。
    日本語をちゃんと理解できないということは、そもそも役人になる資質が欠けていることは明白なので、ちゃんと受験要項読んで理解してから受験しましょう。でなければ時間の無駄です。
    皆さんが役人の話し言葉に「違和感」を感じるのは、国語教育で、違和感を感じるように仕向けられているからだと言って良いでしょう。
    英語ができる人なら、役人言葉に違和感を感じることはないと思います。論理的に思考できない人間に育てるのが日本の国語教育です。国語業界や英語業界は自分たちの教えたことでは論文が書けないことが明白なので、センター試験で記述式試験を導入したくないのです。日本語を衰退させるのが日本語教育業界の目的と言って良いでしょう。


    経験者試験<公務員社会人試験>の合格法


     

    総論

    社会人試験は、受験生が既に社会で企業、団体、公務員などで就業して給与をもらっていることが特徴です。
    大学生(高校生)のように、社会を知らないため、仕事の仕方や人間関係について「言い訳」が通じると思っている年代ではないところが違います。
    無言ですが、面接で「何年仕事やってんだよ」という非難を浴びせられるのが社会人試験の特徴です。
    また、公務員の社会人試験では、自分より公務員経験の長い若手職員を指導(?)しなければならないことが、採用上の大きなネックになります。
    民間企業で通用した「俺について来い」「俺様」的な指導法や「飲みにケーション」が使えないから、仕事力や仕事についての知識量、経験量だけで指導しなければならない職場が公務員の職場です。
    無知な老人が語る「大人になればわかる」「お前も課長になればわかる」的な「無能であることの自白」は通用しないのです。
    法律による行政ですので、処分には必ず法的な根拠があります。
    業務にはすべて法律上の必要性と根拠と合理性があります。
    民間企業では、「習うより慣れよ」で済んだ日々の「ルーチンワーク」がマクドナルド的なマニュアルで正確に実現しなければならない。
    そして、マニュアルは、A4数千ページにわたる、大量なものを持っている人もいる。
    自治体の防災や治安、教育、福祉など、多岐にわたるマニュアルが存在し、それを正確に実施しなければならないのです。
    そして、大半の作業が民間的な基準や考え方が通用しない。
    新卒で入れば、最初からそんなものかと思って覚えますが、中途で入ると、まず、カルチャーショック。
    次第に、今までの仕事、経験で積み上げてきた自信が音を立て崩れ、高卒の20歳の職員に聞かなければ何もできなくなる。
    それがあなたが採用されてから半年後の未来です。
    だから、ニコニコ笑って、高級自動車を年間100台売った、みたいな経験は、全く役に立たない。経験としては無価値なのです。

    ゼロから、勉強をして、28歳くらいになった新卒入庁の職員よりも半年で、制度や法令を勉強して理解できるかどうか。
    まあ、市役所や区役所なら、そこまでできる職員も少ないですが、県庁になると、できる人は多い。

    そうなるために、何をしなければならないか。を指導するのが、経験者試験対策です。数的処理なんて、どうでもいい。というのが社会人試験です。

    面接指導できない大手予備校が客集めの為に「数的教えます」的なカリキュラムを組みますが、社会人試験では民間中途採用で超一流企業に入るのと同じだけの文書力や表現力や教養と経験と社内の情報コントロールと人間管理、人間観察、人間関係調整力があることを示さなければなりません。
    でなければ、海外の一流大手外資や、外国公館の勤務経験などがあること、国連勤務や、在外公館での仕事経験でも良いでしょう。いずれにしても、公務員が何かを少しでもわかるように指導するのが本校の指導です。

    大手予備校のHPをみると、「やりがい」「安定」なんて書いてありますが、それが試験で簡単に手に入ると思うのは間違い。
    動物の死体処理や、ごみ処理、災害派遣、コロナ感染が蔓延しているかもしれない避難所の管理や、被災者の支援、介護など、「やりがい」「安定」なんていう「軽い言葉」で表現してもらいたくない職務が待っています。
    自分の家族が被災していても住民を優先することが多いのが公務員。勿論、家族もわかっていてくれる。そういう尊敬すべき人間たちが、地道に日々の職務をこなしていてくれるから社会は成り立つ。
    そういう仕事を毎日続ける。結果があるわけではない、褒められることもない。それは受験勉強に似ています。止めても誰も怒らないが、自分が許せない。自分で自分を律する心が強い人間が、役所の中心にいるから住民は安心して生活できます。
    勿論、こんな「克己心」のある職員は5%程度で、楽したいと思ってはいる職員も少なくないでしょう。なにせ、受験勉強が嫌いな人には向かない仕事です。自分と常に向き合う仕事ですから。

    人が嫌がる仕事を進んでできる人は、受かりやすいと思います。
    キャリアアップを考えるような人には向かない試験だと思います。
    所詮は、民間企業で頑張っている人とは違う人間性が求められていることに気づけば、受けるか、受けないかも、容易に選択できるでしょう。

    今から公務員合格


     

    県庁・市役所の社会人試験はどうやれば受かるの?

    Q 択一の勉強法
      教養試験
    1. 文章理解(日本文) 内容合致式の問題 本文の言い換えになっている選択肢を選ぶ。満点が取れる
    2. 文章理解(英文) 留学経験がある人以外は捨てるのが妥当。
    3. 数的処理(判断推理)1問あたり7分程度の時間が係るので、全問解くのは時間の無駄。初学者は判断が好きなので無駄に時間を使うから落ちやすい。易しいほうから2問解けばいい。
    4. 数的処理(数的推理)数学定理を使い問題文も短く回答も瞬殺できるのでコスパの良い科目。満点が取れるが数学苦手な人は得点が伸びない。
    5. 数的処理(資料解釈)解法は一通りしかないので慣れると早くなるが、筆算が苦手な文系私大生は捨てることが多い。ただ、国税ではこれが満点でないと採用されない。計算が苦手な文系男子は採用されにくく、理系女子や専門卒女子が増える原因になっている。
    6. 数的処理(空間把握)図形把握は視覚障害などがないかどうかのチェックに使われるので、捨てると障害があると思われ落ちやすい。4問中3問は解課なければならない科目。
    7. 時事 直前に勉強すればいい。市販の時事本は12月までの時事しか掲載されていないので買うのは無駄。本校は3月4月6月8月と時事特集本を受講生に提供しています。
    8. 自然科学(物理)  出題分野が決まっているので計算を覚えれば得点率は高い。理系女子向き
    9. 自然科学(化学)  出題分野が決まっているので計算を覚えれば得点率は高い。理系女子向き
    10. 自然科学(生物)  出題分野が決まっているので得点率は高い。理系女子向き
    11. 人文科学(歴史)  難問が増えているので勉強しなくてもいい。知ってるところが出たらプラスと考える。
    12. 人文科学(地理)  アジア・南米などが出る。河川や輸出入統計を注意
    13. 人文科学(思想)  民主主義を勉強するうえで必要な哲学を勉強する科目。得点しやすく、学習範囲が狭いのでお得な科目
    14. 社会科学(憲法)  憲法を勉強しておけばいい
    15. 社会科学(経済)  経済の基礎知識を勉強しておけばいい
    16. 社会科学(国際法) 国際法が出るので難易度が高い。

    他校には追い付けない択一合格スピード
    1. :教養択一試験問題は警察・消防を除いて上図のように、判断推理・数的推理では最初の問題の難易度が最も高く、後ろに行くにしたがって難易度が下がる。難しい問題を最初に解かせて時間を浪費させ、後の易しい問題でケアレスミスを誘う編集となっている。
    2. :資料解釈では先の問題の難易度が低く、後ろに進むにつれて難易度が高くなる。これは最初の資料解釈問題でケアレスを誘い、後の問題では時間が係るとして諦めさせて失点を誘う編集となっている。
    3. :空間把握は一見して面倒くさそうに見えるため学習を敬遠する受験者が多く、最後尾に配置することで「やる気のない受験者」や「受験準備の遅い学生」に失点をさせるように配置される。
    4. :専門択一でも、各科目で5問出題の試験では、1問目、2問目の問題の難易度が高く、3,4,5問目と後になるにつれて問題の難易度が低くなる。さらに選択肢の行数の多さで難易度は容易に判断が付く。
    以上のように、択一試験は「仕事能力」を見るための試験であるから「最初に難題をぶつけ、それをどのように回避し、後回しにした後に思い出して迅速に処理するか」で事務処理能力の総量を判定する形式をとっている。市販の問題集のように、分野別、難易度別に勉強することは、実際の試験では高得点を稼ぐためには長い学習期間を要する。本来、効率よく得点するためには、配列に慣れて、自分に合った回答順番を決めて「回答する問題」「捨てる問題」を決めて試験に臨むことが求められる。
    本校では20年前から、この配列を重視して「一問一問」の解法をマスターするより「捨て問」で短時間で得点する方法をマスターしてもらう指導法を採用しているため、短期間で合格する指導内容となっている。
    他の予備校とは全く違うコンセプトで過去問を冊子単位で学習するカリキュラムを採用しているので、択一試験合格まで数週間しか必要としない。
    科目別・単元別のテキストを使用している限り、本校の合格力養成スピードには絶対に追いつけない。
    公務員試験をよく理解していない大手予備校には絶対に追いつけない「受験勉強の格差」があると言って良いでしょう。
      論文試験 
    1. 教養論文   難易度は高い その自治体の行政情報や予算に詳しいことが必須。自治体の未来像、現在像を理解していることも必要。さらに自治体内の経済発展の方法、経過、過去10年のGDP推移を知っている必要あり。
    2. 経験者論文  難易度は高い どうして公務員を目指すのかが、自己の経歴や経験に基づいて書かれていなければならない。役所としてメリットを感じる経験や能力を文章として客観的に示す必要がある。5W1Hを使って人間関係や職場での困難状況回避・解決を記載し能力を示していなければ不合格。
      面接 
    1. 知識面   難易度は高い 公務員への適性を示す必要がある。
    2. 話し方   難易度は高い 窓口業務など説明業務ができる程度の会話力が必要
    過去問は年度別の冊子で勉強するべき。
    理由1:過去問は年度別に全体として難易度が均一になるように作問されているので、年度別に勉強しなければ「易しい問題、得点を取らなければならない問題」を見分けられない
    理由2:本番では「ルーチン的に解答する」ことが緊張感を和らげ、柔軟に問題に対応できるので、本番問題を使って自分なりのルーチンを決めることは必須
    理由3:難易度は年度別に、分野別に変動するから、数的が優しい年度に何が難しくなるのかを確認。年度別に科目難易度の変遷を知ることで翌年の出題で難易度の高い問題を予測でき対策が容易になる。
    理由4:本番問題冊子の問題配列に慣れることで筆算の場所をどこにするか、問題を飛ばして解答しても元に戻り、飛ばした問題を再確認することを忘れなくなる。
    理由5:選択肢の番号をマークシートに転記する際に間違えることがなくなる(通常、一人平均2か所のマークミスがあり2失点している)
    理由6:「木を見て森を見ず」になる大半の受験生に対し精神的にも得点的にも優位に立てる。
    理由7:年度別に全科目を勉強するので、常に科目別バランスの良い学習計画を実践できる。
    受験勉強したことがなくても、これをやれば予備校の秀才より早く高い得点が取れるようになります。
    公務員試験合格について
    公務員・資格試験筆記合格のために最適の教材とは(6分)
    択一は簡単だ
    クラウド授業サンプル(76分)
    PCでのご視聴を推奨しています。
    地方公務員上級の仕事と論文
    面接の間違い
    公務員試験 無料講座(youtube)いよいよ追い込み公務員試験(10分)
    公務員受講前ガイダンス(12分)
    経験者試験の面接と受かり方
    経験者試験受験生の大きな間違い、大きな勘違い
    合格実績

    2020年合格実績

    北海道 岩手県 秋田県 仙台市 新潟県 群馬県 千葉県 千葉市 埼玉県 さいたま市 国家総合職 裁判所事務官総合職 国家一般職 国家専門職 裁判所事務官 東京都1A 東京都1B 特別区 神奈川県 川崎市 横浜市 相模原市  愛知県 三重県 滋賀県 京都市 兵庫県 神戸市 岡山県 倉敷市 広島県 広島市 徳島県 愛媛県 高知県 熊本県 長崎県(以下2020年末まで集計後発表)

    2019年合格実績

     国家総合職法律職 (大卒区分) 国家総合職行政(院卒区分) 警視庁警察官 裁判所事務官 大阪府  埼玉県警警察官  京都市 東京特別区(合格多数)岩手県 仙台市(大卒試験・社会人試験)京都府  さいたま市 国税専門官(多数合格)財務専門官 労働基準監督官 青森県 栃木県 埼玉県 福岡県 神奈川県 山形県 千葉県 香川県 新潟県 福島県 宮城県 兵庫県 山口県 神戸市 千歳市(社会人試験)柏市 東大和市 国家総合職国交省内定   国家一般職(合格多数)東京都1A 東京都1B(合格多数)国立大学法人(合格多数) 特別区技術系 裁判所事務官(総合職・一般職)神奈川県警 東京医大他 民間内定多数 東京都キャリア採用試験 徳島市(大卒)名古屋市(経験者)合格   国家公務員経験者 係長級 合格 愛知県社会人試験 最終合格 新潟県社会人試験 最終合格

    2018年合格実績

     国家総合職法律職 (大卒区分) 国家総合職行政(院卒区分)東京都1類B(新方式),東京都1類B(一般方式),東京都1類A,千葉県警他 警察官,特別区,国家総合職法律職(大卒区分)国家総合職行政(院卒区分) 国家専門官試験,国家専門官(入校8週間で合格),神奈川県,千葉県,茨城県,栃木県,群馬県,国家一般,千葉市,浦安市,日本年金機構(独法),私学助成基金(独法),  岡山県,高知県,宮城県,仙台市,新潟県,群馬県,山梨県,鹿児島県,埼玉県,横浜市,川崎市,倉敷市,仙台市,仙台市(大卒事務),東京都1類B,国立大学法人, 裁判所事務官総合職・一般職,特別区,東北大学,東京工業大学,国家一般,国専門官,山口県,秋田県,広島県,福岡県,石川県,高知県,福井県,愛媛県,年金機構, 奈良県,三重県,岐阜県,鳥取県,愛知県,さいたま市,千葉県,宮城県,鹿児島県,岩手県,香川県,福島県,栃木県,茨城県,千葉市,京都市(京都方式),大阪府,愛知県,大阪市, 京都府,沖縄県,川崎市,横浜市,熊本県,宮崎県,神戸市,広島市  民間企業,共済組合,不動産協会,東京医大,船橋市,市川市,旭市,柏市  戸田市,越谷市,東松山市,草加市,所沢市,久喜市,川越市(以上一次試験合格)  関東・関西 市役所最終合格多数  国家公務員障碍者試験 合格

    2017年合格実績

     国家総合職,警視庁警察官,警視庁警察事務,県警警察官 東京都1B,特別区1類,千葉市,国家総合職  国税専門官,熊本県警察事務,さいたま市,浦安市,千葉県,沖縄県,新潟県,山口県,宮城県,広島県,三重県,岐阜県,熊本県,国家一般職,大分県,静岡市,岩手県,和歌山県,東京都  東京特別区,国立大学法人,横浜市,宮城県,広島県,国家一般職,国家専門職(税・労基・財務等), 特別区内定,千葉県,浦安市,沖縄県,さいたま市,東京都キャリア採用,愛知県社会人試験,清瀬市,東松山市,東久留米市,共済組合,特別区社会人試験 2級・3級職, 愛知県庁 社会人試験 
    ★★ スカイプでガイダンスを行っています。
    ガイダンスご希望の方は
    予約フォーム
    よりご予約ください。

     民間企業経験者・社会人試験の合格法

    Q : 市役所社会人試験の難易度はどの程度ですか?
    A : こちらをご覧ください。
    Q : 既卒30代の民間企業で働く者ですが社会人試験とはどのような試験ですか?
    A : 社会人試験は、国と自治体がありますが、国の場合は課長補佐級が総合職と同じキャリアを採用する試験です。  
        25年度から制度が変わったので、割愛させていただきます。
        自治体の場合は、若干名採用の場合と、20名程度の採用の場合では事情が異なります。
        特別区・横浜市・川崎市のように毎年数十名を採用する自治体では、即戦力を求める狙
        いもあるでしょう。欠員補充の意味もあると思います。
        非常に難易度の高い試験です。
    Q : 先生の総合講座では、合格実績が高いということですが、秘訣があるのでしょうか?
    A : 受験者の方としっかり打ち合わせをしながら面接や志望動機を作っていき、面接対策を
       していくことで合格実績が高くなるのだと思っています。   
    Q : 面接対策に時間を掛けるのですか?    
    A : 社会人試験は面接が採用を決めます。スカイプでの面接指導で十分合格できます。

    年齢別の難易度

    最近よく聞かれるのが「年齢が若い方が難易度が低くなりますか?」という質問です。

    社会人試験の場合、次の2点の理由から、それほど関係ない、ということが言えます。
    1. 採用後に係長程度の地位になるので、年齢よりも経験が優先される。
    よく自分の職業上の成果を「売上が〇〇」と、金額を重視する人がいますが、経験者試験では指導能力や、問題処理能力で評価され、金額的な評価は全く意味がありません。
    2.年齢が高く、人生経験がある人、家族のある人の方が仕事に対する意識が高い。
    「働くことの意味」「働き方」がわかっているので、現実に幻滅することが少ないと思います。
    一度転職した人は二度の転職はしない人が多い。だから転職した人は「一生懸命仕事をやるし転職しない」ので、採用側のメリットが大きいのです。 また「高齢」の人も「辞める」という選択肢がないので同じです。だから役所としては年齢が少々高くても気にしません。また社会経験がない新卒よりも理解が早いし仕事も早い。
    この2点から、年齢が高くなっても問題ないと言っていいでしょう。

    あなたが落ちる(落ちた)理由

    1. 大手予備校のカリキュラムに従って択一試験勉強を進めた
    2. 大手予備校で指導された模範答案やネットに掲載されている模範答案と同じ書き方を論文試験答案で完全に再現した。
    3. 元気にハキハキと、民間企業の面接対策で用いる「好印象を与える話し方」を公務員試験の面接試験で教えられたとおりに実践した。
    の3点。
    本校で、大した勉強もしないのに、短期間で合格者が多数出るのは、皆さんが大手予備校やネット情報に基づいて、下手な択一試験勉強、読んでも何が書いてあるかわからない論文答案、公務員として業務を遂行できそうにない「愛想笑い」や「ニコニコ面接」をしてくれるからです。
    皆さんが大手予備校と、ネットの記事で過去20年に渡って「大失敗」を続けていてくれているお陰で、本校受講生との差が歴然となり、簡単に合格できるのです。


    択一試験対策の間違い

    公務員試験の全科目を指導できる私(島村)としては、この膨大な勉強量を1年でこなして合格できる人を「神」と呼びたいです。
    合格するには手抜きしかない。合理的な手抜きが短期合格には必須で、それを実現した択一対策が本校の教材と個別指導です。
    1. わかるところは勉強しない。わからないところだけ講師に質問する。これが最も効率が良い。
    しかし、講師はたくさんいるし、科目毎の講師に一々質問しては時間が係る。一人で全科目が指導できる講師がいれば合理的に効率よい指導ができる。
    それが本校の個別指導。
    2. 出ないところは勉強しない。出たところだけ勉強するのが最も効率が良い。だから過去問。
    3. 難易度を毎年一定に保つことが職務階級別試験には必須条件。高難易度問題だけやっても非効率だから過去問を年度別に冊子単位で勉強すれば、常に一定の難易度で勉強を継続できる。
    4. 予備校に行くのに時間が係る。だから2008年からSkypeで個別指導。
    手抜き+過去問+冊子+個別指導+Skype=8週間で択一合格
    大量の教材。1回欠席すれば不合格になると思わせるカリキュラム。専門的知識に詳しく1言聞き逃したら落ちると思わせる素晴らしい講義。これらに感謝してもし足りない。


    論文試験の間違い


    皆さんが書く論文は、こんなやつ↓

    この文章で「言いたいこと」がわかるなら「神」 
    文章理解で、正解を見つけることができない受験生が、これで「言いたいこと」が伝わると考えるから「不合格」 
    中学の国語教師が、石川啄木の小説を読み聞かせて「啄木の言いたいことは〇〇だ」って言ったとき、私はこの教師は「うそつき」だと思った。それ以来国語教師を信用したことはない。
    国語教師の言うことに納得できる人(=国語の成績がいい生徒)は公務員試験には合格できない。
    「教師を信じる生徒にいい成績が付く」の典型が国語。
    でも、それは学校の先生の強制的な刷り込み教育だから、公務員試験には通用しない。
    「誰が読んでも、皆さんの言いたいことが伝わるような文章」が書けないように日本人は教育されているのです。
    ↑のような論文を「模範答案」として指導する大学教員や、大手予備校、国語教師、ネット記事に大大感謝。お陰で本校の受講生は、らくらく文章理解も満点とって、論文も高評価となり、早慶や国公立に勝って公務員になっています。


    面接試験の間違い


    皆さんは↓こんな感じで、元気にニコニコ、好印象を目標に面接練習します。

    これは、アタマを下げて、商品買ってもらって、代金をもらって、消費者のお願いやクレームを受け容れ、できなければ謝罪すれば済むとされる仕事に最適な表情ですね。
    しかし、公務員は…
    1 アタマは下げない
    2 商品は売らない
    3 お金は強制的に徴収する
    4 申請や請願、お願いは断ることが多い
    5 内心では国民・住民の生命・身体・財産を命に代えても守ろう、謝罪して済むことではないと考えている。
    こんな人に求められるのは、断られても仕方ないと諦めさせる「説得的な表情」です。こんな↓感じ

    「ダメなものはダメなんだな~。」と納得させるだけの、自信があり、頼りになる人の表情です。
    皆さんが、数十万円の高い学費を大手予備校に払って、不合格になってしまうのは、本校の受講生と学習する内容も量も視点も違うからです。おわかりいただけましたか。

    落ちる経験者論文


    経験者論文では、次のような問題が出ます。
    令和2年 特別区経験者試験 
    仕事の優先順位について、あなたのこれまでの職務経験を簡潔に述べてから、その経験を踏まえて採用区分※における立場として論じてください。
    ※ 採用区分とは、 1 級職は係員の業務を行う職、 2 級職(主任)は係長職への昇任を前提とした係長職を補佐する職、 3 級職(係長級)は係長、担当係長、主査又はこれに相当する職とする。

    令和1年 特別区経験者試験 
    職務上のトラブル対応について、あなたのこれまでの職務経験を簡潔に述べてから、その経験を踏まえて論じてください。

    平成30年 特別区経験者試験
    職務を進める上での課題解決に向けた取組について、あなたのこれまでの職務経験を簡潔に述べてから、その経験を踏まえて論じてください。


    平成29年 特別区経験者試験
    業務執行上のリスク対応について、あなたのこれまでの職務経験を簡潔に述べてから、その経験を踏まえて論じてください。

    一貫して共通している設問は「職務経験を簡潔に述べる」ことです。
    この設問からわかることは「職務経験論文で、今までの職務でどの程度、課題解決力・トラブル対応力・リスク対応力があるかを知りたい」ということです。
    なので、皆さんが今までの職務で、トラブル対応をした経験を述べる、課題解決を取組んだ経験を述べる、リスク対応した経験を述べることが求められます。
    したがって、トラブル対応・課題解決の取り組み・リスク対応の経験がない人の論文評価は不合格になります。

    ただ、経験者試験を指導する予備校の多くが、なんだかわからない模範答案を覚えさせたり、コンサルティングのように抽象的なアドバイスをすればいいという指導をしています。
    こうした予備校指導は、職務経験論文が「面接を書面で行っているのと同じ」ということが理解できていないのです。あなたの個人的な経験を書けなければ意味がないのです。
    問題は毎年変わりますが、予備校指導が低レベル過ぎるため、職務経験を簡潔に述べることができれば合格できることが多いようです。
    しかし、そもそも、その程度のこともわからないような人を採用しても、良い部署に配属されることもありませんし、当然に昇給も遅くなります。
    そこで、令和2年は、誰でも書けるように「仕事の優先順位」を書けばいい。非常に低レベルな出題に変わりました。これは受験者の論文レベルの低下が酷すぎて、評価できない、つまり、配属が酷くなることを懸念したのでしょう。
    ただ、令和2年は「採用区分」をによって仕事の優先順位が違うことを示唆しています。
    つまり、職級が高い地位なら、当然に高い職務能力があることを前提にして評価されることが明確になったのです。
    1級は大卒では最低の級で、22歳の大卒新卒と同じ扱いということですから、30過ぎて1級程度の仕事もできないというのも困りますが、しかし、現実には、1級程度の仕事もできない人が30,40の社会人受験生と言って良いでしょう。
    1級と2級の違いが判らず、「私は3級で受ける」という人の思い上がりも酷すぎます。
    まず、1000字程度の論文で他人に仕事内容を適正に指導できる程度の文章力(2級相当)をつけてから3級は受けた方が良いでしょう。それができないなら、1級で十分です。

    皆さんは論文の問題文を読解する読解力が欠落しています。そして、字を書く能力も欠落しています。最後に論理的に思考する能力も欠落しています。
    皆さんが合格するには、経験者論文の最初の部分には、履歴書をそのまま書いた方がいいと思います。