画像5

市役所の合格法

 

Q 市役所の難易度はどの程度ですか?
2016年 択一試験対策編 

 


 

A こちらをご覧ください。

市役所試験ってどうやれば受かるの?


まず、市役所合格には、受かり易い市役所を見分ける法則を使って受ける市役所を決めることが先決です。
この法則によって合格判定をしているのが合格可能性テストです。
備えている条件が多くなればなるほど、択一の点数が少々悪くても合格しますが、

弊社では、どうして落ちるのかを究明し、ほぼ、合格の方程式を完成させています。これを元に面接対策を充実させてきています。

市役所合格対策には、市役所・独法5か月必勝講座をご利用ください。
充実した面接対策と、択一対策で合格指導します。



Q 民間で働いている25歳です。6月から60日くらいで市役所に合格したいと思っています。どのようにした合格できるでしょうか?
 
A 一次試験は簡単です。ゼロから始めて働きながらでも、弊社の教材で学習すれば60日程度で合格できます。
 
Q 教材は何が良いのでしょうか?
  
A 市役所・独法講座が最適でしょう。
Q 面接の難易度はどうでしょうか? 
 
A 市役所では、「面接試験が重要」です。筆記が易しいのは、民間就活をした人でも採用するためです。
  民間就活をしている人は面接も上手ですので、公務員試験専願の人よりも話題も豊富です。
  しかし、公務員に適さない話題を選択したり、また、話し方が「民間向き」になっていることも多い
  ため「民間就活をしていれば公務員面接も通る」ということはありません。
  あくまで、公務員としての節度のある話し方と、話題の選択がカギになると言って良いでしょう。
 
Q 大学3年生です。市役所の選択で迷っています。どの市役所を選択したらイイでしょうか?
 
A 合格可能性テストを受けてみてください。
  受かり易い自治体を知りたい場合には、「志望自治体」の欄に、「受かり易い自治体」と記入してください。
  その際、大学名を必ず記載してください。
  
Q 合格法はあるのでしょうか? 
 
A 受講生の方にのみ、ご紹介しています。ご了承ください。

 
 

ページのトップへ戻る