面接必勝合格法

面接では「あなた」の個性を相手に伝える努力が重要です。話し方は、その個性を知るための「着眼点」になります。

「受かる方法」とは、面接官に、あなたの個性、職業観や仕事をしている姿を知って(想像して)もらえるにように訓練することだと思います。
「他の受験生とどこが違うのか」を知ってもらうことが大切なのだと思います。
「面接トーク」のような「テクニカルターム」は、話と話の合間をつなぐものであって、アピールすべき本質的な部分は「アドリブ」です。
たくさんの質疑応答の中から生まれるのが「アドリブ能力」であると言っても良いでしょう。

本校の場合、通学クラスは勿論、ウエブ通信コースのスカイプ面接指導でも、「面接」での会話力や、着眼点を育てています。通学クラスでなくてもスカイプでの会話だけで「ニコニコ面接合格」できます。 私がどのような説明を求めているかを理解するだけで面接力は向上しているのだと思います。
わざわざ面接指導しなくても合格するだけの面接力は養われていると言っても良いでしょう。
自分を正直に「見せる」ことが重要なことだと思います。


「自分を隠す」のではなく自分の仕事観や将来像を面接官にイメージしてもらうのが「合格指導」だと考えています。

今まで口下手だった女子学生が、県上級試験で「面接が上手だね」と褒めてもらえたのも「個性・経歴・職業観・仕事の仕方」を「上手に見せる」方法を学んだからでしょう。

「これを言ってはいけない」的な消去法の面接指導では
「これはミスかもしれない。」「これを言ったら落ちるかもしれない。」などと、無駄に不安が掻き立てられて面接に失敗してしまうと思います。
 
面接官は「皆さんが準備してきたこと」で判断しているというよりも、質問に答える皆さんの様子や表情を見て「その中に垣間見える職業観や個性、仕事の仕方」見つけ出して、大変な苦労をして合否を決めているのです。 
だから、積極的に、面接官の聞きたいことを、わかり易く伝えてくれる人が「素晴らしい未来の職員」に見えるのです。

 
 

 受かる面接(ニコニコ面接)と落ちる面接の違い 


民間と公務員では考え方が全く違いますが、ほとんどの大学生は、公務員的な考え方と民間就活での面接練習を混同しているのではないかと思います。
皆さんが「良いこと」だと思って発言することも公務員としては「違うんだけどな」と思う場合が多いと思います。

「社会保障を充実させることが急務だと思います」と言えば、
「社会保障の財源はどこから調達するんですか」と問われて、
「増税もやむを得ないと思います。」と答えれば、
「では、社会保障の為に消費税が10%になることも良いと考えるのですね?」と聞かれ答えに窮してしまいます。
「社会保障と経済振興、雇用の促進・維持など労働者・納税者の視点に立ちバランスが良く、効率の良い行政サービスを実現することが大切だと思います。」
というバランス重視の答えをするのが良いのではないでしょうか?
「保育所の不足に対してどう思いますか?」と聞かれ
「女性の社会進出のために保育所の整備は急務だと思います。」と答えれば
「保育所だけでなく、区役所では様々な子育て支援制度を用意していますが、ご存知ですか?」と聞かれ
「勉強不足です」と答える。
本当に「勉強不足」ですね(笑)。
択一の勉強ばかりしていて区役所のサービスを何も知らずに就職しようというのは、民間就活でその会社の製品を何も知らずにエントリーするのと同じではないでしょうか?
不合格になる一因として「自治体の制度を何も知らない」で受験する人が多いことが挙げられます。
公務員を受験するのですからマスコミで話題になっていることについて「子育て支援に他のサービスはないのか?」と役所のHPを調べてみるくらいのことはする必要があると思います。
面接合格には「公務員の考え方」(受益者と納税者の両方の視点で考えること)や「行政サービスの知識」をしっかりと身に付けることも求められています。
何度も練習をしたり、政策課題などを通じて様々な問題について討論することで「考え方や知識が身に着く」と言って良いでしょう。

無料模擬面接練習を実施しています。ご希望の方はメールでお問い合わせください。

<< 前のページに戻る