Sample Company


2019年8月発売新刊KADOKAWA書店
 

2020年 公務員試験難易度の低い順ランキング(自衛官・警察官・消防官を除く大卒文系公務員試験)

    特別区が人員削減を予定。難易度が急上昇の予測。
  1. 千葉市・横浜市・さいたま市・仙台市
  2. 川崎市・神戸市・名古屋市その他政令指定都市 関東圏・兵庫県・京都府・大阪府市役所
  3. 東京都特別区
  4. 国税専門官・国立大学法人
  5. 東京都1類・裁判所事務官一般職
  6. 地方上級県庁(中部・北陸型・関東型・全国型)・千葉県市役所・神奈川県・群馬県市役所・大阪市・京都市
  7. 国家一般職
  8. 岡山県・山口県・京都府・愛媛県・香川県・徳島県・高知県・和歌山県・茨城県・栃木県・兵庫県・和歌山県・福岡県・熊本県・鹿児島県・長野県・埼玉県市役所
  9. 相模原市・横須賀市・呉市・浦添市他沖縄市役所 その他自衛隊・米軍基地所在都市・独立行政法人・新潟県市役所いわ
  10. 財務専門官
  11. 三重県・岐阜県・静岡県・秋田県・山形県・山梨県・福井県・島根県・鳥取県・宮崎県・青森県・福島県・山梨県・大分県市役所
  12. 岩手県・宮城県・福島県・広島県・石川県・長崎県・佐賀県・奈良県・山形県・北海道・富山県市役所
質問 :こちらのサイトでは横浜市役所が1番難易度低いランクにあったのですが、なぜでしょうか。他のサイトでは横浜市役所は早慶レベルなど超難関と言われておりました。 また、特別区も受験予定なのですが、今後難易度が上がる予定となっている特別区は2021年において募集人数はどれぐらいか、また、2020年よりもさらに難しくなるのでしょうか。 お願いします。
回答 :横浜市は筆記試験の難易度が他の試験よりも易しいからです。弊社の受講者の合格情報を基準にしていますので、他のサイトの情報とは異なることがありますのでご了承ください。特別区の募集人数は今後減少します。指定管理者制度を利用して人員の削減と窓口業務の事業化を図ることが考えられるからです。平成15年の募集人数は300人程度でしたので、将来的には同程度になることも予想され、難易度は今後上昇すると考えられます。

ランクの概要(試験の特徴  あくまで島村個人の経験に基づいた観測結果 )

  1. 特別区の難易度が急上昇
    特別区は平成15年は募集人員が300人程度で採用者平均年齢が26~27歳であったのに対して、平成18年くらいから採用人員が年々増加して昨年は1130人と、大募集。
    令和になり、ピークを過ぎて、今後は減少傾向に入ります。現在は980人。自治体の人員削減も本腰が入り、23区職員募集人員は減少傾向に入りました。これは東京震災のための臨時増員がほぼ完了したことを意味しています。
    令和2年以降は、より柔軟な採用をしていくことが本校の合格者たちからもわかります。今後の特別区の採用は非常に厳しくなると考えた方がいいでしょう。専修大学や日大などが中心と言って良いでしょう。早稲田生が高学歴になるので、早大生なら幹部になりやすい。国立大学の学生が少なく私立大学生中心の自治体です。
  2. 理系職員の増加傾向が強い政令市
    文系学部生が不足しているので、理系でも優秀な大学の学生が、自治体に入りやすくなっています。震災が予想される東京都や千葉・神奈川の自治体では「遠隔地から来た高得点受験生」も入りやすくなると思います。被災しても生活拠点が守られている職員が欲しいということですかね。
  3. 国税専門官
    数学の得意な人や、理系学部の人も受かりやすいのが国税専門官です。本校では入校して6週間で合格した方がいます。学習法を決めて短期間で合格できる試験と言って良いでしょう。
  4. 仕事の幅が広く、面接も受かり易いのが国家一般職  
    専門科目も、教養科目も、特別区と比べると非常に難易度が高い。ただ、面接試験や地方の局の採用面接では能力重視の採用をしてくれるので、特別区と比べると若干容易な面があります。
    「公平な試験。誰でも勉強すれば受かる試験。得点だけで受かる試験。」というのが当てはまるのがこの試験です。
    平成26年から国家公務員一般職の合格資格有効期限が3年となったことは、受験者には大きなメリットとなったと思います。
    国家総合の一次に合格していると採用後にメリットがあります。
  5. 道府県庁も入りやすい
    地方上級の中心的試験が道府県庁試験です。京都方式など、採用試験で面接を重視する試験が増えたのは、受験者減に対応するためです。一定のフィルターがかかっているので、フィルターを見敗れれば簡単に合格できます。面接重視の自治体も競争激化になればすぐに筆記試験を復活するでしょう。2020年がラストチャンスです。
  6. 都庁は面接重視で難易度が高い
    都庁の教養択一試験は難易度がそれほど高くないので差が付きにくい試験でもあります。長期間のインターンシップが実施されるのが特徴で「民間類似」の採用をする自治体です。
    大学一年や高校生時代から志望する人(職員家族)も多いので「早い者勝ち」という傾向が観られるのが特徴です。後から挽回しにくいと言って良いでしょう。挽回するには「高学歴 or 高得点(筆記・面接・論文)」ですかね。東大を始めとして国公立大卒生が多数を占める自治体です。
    専門論文もあり長期間の面接指導が必要なので3年4月からの学習スタートが必要な自治体と言って良いでしょう。
  7. 財務専門官
    財務専門官は、少数精鋭の超難関です。大学別の選別が厳しい試験と言って良いでしょう。採用実績が無い大学の受験生には非常に難しい試験です。
  8. 裁判所事務官
    女性が重視される、というか、女性ばかりの職場です。ただ、地方の出張所では裁判官と女性書記官の二人だけなんてのもありますので、それなりに覚悟は必要。任地希望は通らないので、希望を書かない方が早く受かります。
  9. 市役所・国立大学法人・独立行政法人
    人間の選別が厳しい試験。
    独立行政法人は採用が少数で面接重視の難関です。国立美術館や日本育英会基金、私学助成基金などがありますが職場環境は非常に恵まれているので難関と言って良いでしょう。

    省庁別の職場の雰囲気の良さランキングBEST10

    1. 総務省
    2. 国土交通省
    3. 防衛省
    4. 警察庁
    5. 特許庁
    6. 農林水産省
    7. 金融庁
    8. 国税庁
    9. 厚生労働省
    合格実績

    2019年合格実績

    5月10日 国家総合職法律職 (大卒区分) 国家総合職行政(院卒区分)
    5月23日 警視庁警察官試験合格
    5月30日 裁判所事務官試験合格
    6月5日 東京都1B 合格
    6月7日 埼玉県警警察官試験合格
    6月18日 東京都1A 合格
    6月25日 国家総合職法律職 (大卒区分) 国家総合職行政(院卒区分) 技術職 最終合格
    6月27日 京都市 合格
    6月28日 東京特別区 合格多数 岩手県 仙台市 大卒試験・社会人試験合格 京都府 さいたま市合格
    7月2日 国税専門官 財務専門官 労働基準監督官 青森県 栃木県 埼玉県 福岡県 合格  
    7月3日 神奈川県 山形県 千葉県 合格  
    7月4日 香川県 新潟県 福島県 宮城県 兵庫県 山口県 神戸市合格  
    7月5日 千歳市 社会人試験合格  
    7月6日 柏市 合格 
    7月9日 東大和市 合格 国家総合職国交省内定  
    7月10日 国家一般職 合格多数  
    7月17日 東京都1A 合格  
    7月19日 東京都1B 合格多数  
    7月25日 国立大学法人 合格多数  
    7月29日 特別区技術系 合格多数  
    8月2日 裁判所事務官 総合職・一般職合格  
    8月5日 特別区 合格者多数 
    8月20日 国家一般職・国家専門官 最終合格者多数 
    8月21日 埼玉県警合格 
    8月21日 警視庁警察官試験合格 多数
    9月13日 東京医大他 民間内定多数
    9月20日 東京都キャリア採用試験 合格
    10月8日 徳島市(大卒)名古屋市(経験者)合格
    10月11日 愛知県社会人試験 合格
    10月24日 国家公務員経験者 係長級 合格

    2018年合格実績

    5月 国家総合職法律職 (大卒区分) 国家総合職行政(院卒区分)
    6月 東京都1類B(新方式),東京都1類B(一般方式),東京都1類A,千葉県警他 警察官,特別区,国家総合職法律職(大卒区分)国家総合職行政(院卒区分)
    7月 国家専門官試験,国家専門官(入校8週間で合格),神奈川県,千葉県,茨城県,栃木県,群馬県,国家一般,千葉市,浦安市,日本年金機構(独法),私学助成基金(独法), 岡山県,高知県,宮城県,仙台市,新潟県,群馬県,山梨県,鹿児島県,埼玉県,横浜市,川崎市,倉敷市,仙台市,仙台市(大卒事務),東京都1類B,国立大学法人,
    8月 裁判所事務官総合職・一般職,特別区,東北大学,東京工業大学,国家一般,国専門官,山口県,秋田県,広島県,福岡県,石川県,高知県,福井県,愛媛県,年金機構, 奈良県,三重県,岐阜県,鳥取県,愛知県,さいたま市,千葉県,宮城県,鹿児島県,岩手県,香川県,福島県,栃木県,茨城県,千葉市,京都市(京都方式),大阪府,愛知県,大阪市, 京都府,沖縄県,川崎市,横浜市,熊本県,宮崎県,神戸市,広島市

    2017年合格実績

    5月 国家総合職,警視庁警察官,警視庁警察事務,県警警察官  
    6月 東京都1B,特別区1類,千葉市,国家総合職
    7月 国税専門官,熊本県警察事務,さいたま市,浦安市,千葉県,沖縄県,新潟県,山口県,宮城県,広島県,三重県,岐阜県,熊本県,国家一般職,大分県,静岡市,岩手県,和歌山県,東京都
    8月 東京特別区,国立大学法人,横浜市,宮城県,広島県,国家一般職,国家専門職(税・労基・財務等),
    9月 特別区内定,千葉県,浦安市,沖縄県,さいたま市,東京都キャリア採用,愛知県社会人試験,清瀬市,東松山市,東久留米市,共済組合,特別区社会人試験 2級・3級職,
    11月 愛知県庁 社会人試験 

    国家総合職

    省庁でのリクルーティングのレベルが高い「実務的」な試験だといえるでしょう。
    1) 人事院の実施する筆記試験について
    ① 文章理解 
     長文を理解する能力が試されます。基本的に論点は過去問と同じなので選択肢は選びやすいと思います。「二択まで絞れる」のは当たり前。そこからが受験者の考え方を問われる問題です。
    ② 英文   
     国家総合職の特徴として英語力が重視されます。海外転勤が多い職種ですし、国際会議や外交文書を原文で理解できることが求められます。
    ③ 数的処理 
     難易度は皆さんが思うほど高くありません。難易度の高い問題と平均的な問題が混在していると言っていいでしょう。満点を目指さなければ合格は難しくありません。「難しく考える」人には難関ですが「洞察力・推理力」と可能性ではなく「蓋然性」で考える癖が付いている人は得意にする科目です。
    ④ 知識問題 
     自然科学を代表として「教養」が求められる科目ですが、過去問を研究しておけば高得点が取れます。
    ⑤ 法律科目択一 
     どの科目も平均的な難易度です。判例と条文の知識があり、論理的な思考力と長文読解力、事例読解力があれば難しくありません。商法・刑法・労働法は基本的な問題が出ます。       
    ⑥ 政策論文 
     ポイントは内閣府や外務省・財務省のHPを見て主要政策課題を列挙し、それについて論文を作成しておくこと。視点が重要です。
    ⑦ 法律(専門)論文 
     国家総合職試験の「本丸」が専門論文試験です。様々な事例の分析と法律のあてはめ、さらに解釈能力などを試されますが、基本的には解釈力(様々な見解を熟知しているか)よりも論文構成力 (論理展開を明確に示し論拠と論理の道筋を明確にできる人)が高い人が合格しています。学説などで「頭がでかくなる」ことよりも軽快な「スポーツカー」のような論理展開力を持つように訓練することが大切です。
    2) 人事院面接について
    ① 人物試験 一般職とは違い、質疑応答の内容が重視されます。志望動機から始まり、政策についてなど様々な論点で質問がされますが、そのすべてに冷静に対応できるかどうかが重要です。
    ② 政策討論 
     論文と同じですが、その場の状況を考慮しつつ、視点を重視した討論に終始することが大切。論点の動きや、動勢を把握して、全体を調整し誘導する能力が長けている人が高評価を得ます。 自分の立場に拘泥する人は必ず落ちます。討論を「実りあるもの」にできるかどうかが勝負ですが、それはチームの組み方によって決まりますので、試験の実施者によって合否が決まると言っても過言ではありません。
    3) 難易度について
    ① 一次試験について  
     合格ラインは高くありません。30年も教養26点専門27点で合格できたので筆記は難関ではありません。数的処理や英文は難易度が高いですが合格点に到達することは難しくありません。過去問の徹底的な練習が合格のカギになります。
    ② 二次試験について  
     論文試験が重要です。事例分析能力と文書作成能力、政策理解力を養成することで合格できます。「政策研究」「過去問研究」「文書作成練習」を繰り返すことが重要です。インプットとアウトプットを同時に訓練することが合格の秘訣です。
    ③ 官庁訪問について
     官庁の主催するガイダンスには早くから参加する方が良いでしょう。官庁訪問が国家総合職試験の最大の難関です。独特の面接ですので、事前準備が重要になります。
     人事院試験に受かるのはそれほど難しくないですが、官庁訪問で短期間で内定を取るのはタフネスが必要になります。
    4) 各省庁のスペック
      内閣府   定員 1万3,659人  予算規模 2兆8,238億5,000万円            
      総務省   定員 5,245人   予算規模 17兆4,526億円           
      法務省   定員 5万2,340人(うち検察庁が1万1,796人) 予算規模 7,298億6,200万円
      外務省   定員 5,757人   予算規模 6,172億5,100万円
      財務省   定員 7万1,106人 予算規模 25兆5,933億円           
      文部科学省 定員 2,115人   予算規模 5兆4,127億円
      厚生労働省 定員 2万2,291人 予算規模 30兆7,430億27,00万円       
      農林水産省 定員 1万8,744人 予算規模 2兆387億9,900万円
      経済産業省 定員 8,161人   予算規模 8,947億円           
      国土交通省 定員 5万9,763人 予算規模 4兆5,960億円
      環境省   定員 1,521人   予算 2,873億4,100万円
      防衛省   定員 26万8,443人 予算規模 4兆8,837億5,900万円           
      宮内庁   定員 1,053人   予算規模 177億6,630万円
      警察庁   定員 7,797人   予算規模 2.409億6298万円
      金融庁   定員 1,373人   予算規模 219億6,500万円
      特許庁   定員 2,804人   予算規模 1,446億円
      会計検査院 定員 1,247人   予算規模 175億1,251万3,000円
      人事院   定員 644人    予算規模 109億5,000万円

    GW明けに受講開始した公務員初学者が2018年国税専門官に合格
    実績ある超短期合格講座と個別指導が
    あなたを2020年公務員合格へ導きます!!

    働きながら、平日0.5時間、日曜演習で2020年の地方上級・国家一般・独立行政法人・特別区に合格できる!!
    過去問学習を徹底して、超短期合格法授業が2020年の合格を約束します。
    教室

    ゆったりとした環境で個別指導を行います
    合格可能性テストを受けてみよう   
    公務員試験合格可能性テスト
    面接



    本校の<東大カリスマ式>個別指導では択一合格までの期間が大手校の5分の1~10分の1程度になった



    自分のわからないところだけを、勉強して、自分の受けるところだけに必要な教材を勉強すれば学習期間は最低で2か月あれば良い。


    教養+専門試験過去問1年分の演習時間は3.5時間 解説を読む時間1.5時間  合計5時間 
    これを地方上級特別区10年分を5回反復するのに必要な時間は250時間
    解説を読んでもわからないところは、過去問10年分で大体20カ所。質問に要する時間は20時間
    以上、合計270時間だから、
    特別区や県庁なら1日8時間の勉強では34日で合格レベルに到達できる。

    解説を読む時間を1.5時間に制限しているのは、解説を読んでいるより問題を解く時間を増やした方が理解ができるから。
    他の問題をやった方が類似問題が多いので、解説を熟読するよりも、解説を読む時間を短縮して、他の問題を解いた方が ヒントだけを覚えて解くことができるようになる。応用力が付く。 受験勉強は「インプットが先」ではなく、「アウトプット」を繰り返して、少し「インプット」が早い。
    判らない単語が、「どのようにわからないのか が わからない」から勉強が二度手間になる。
    何度も「わからないところ」に直面して、「わからないところの実像」を掴んでからインプットと個別指導を受けるので理解が加速度的に早くなる。

    地方上級が終わったら、次は国家専門官試験。
    地方上級特別区をマスターした後、国税と国家一般過去問7年分を5回反復するのに係る時間は
    教養+専門試験過去問1年分の演習時間は5.5時間 解説を読む時間0.5時間(地上で基礎ができているので解説を読む時間は短くなる)  合計6時間 
    国家専門・国家一般の過去問7年分を5回反復し、個別指導を受けながらわからないところを解決するのに必要な時間は420時間
    1日8時間勉強すれば52.5日。特別区が終わってから、国一般の試験日まで(46日)で学習期間としては足りる。

    これは併願が最も多い、特別区・国家専門・国家一般・県庁・政令市合格の場合です。
    国家総合職では択一は年明けからで十分。国家総合や司法試験では、専門記述の習得に1年がかかる。

    受験勉強は、結果から逆算して対策をするのが最も合理的で効率が良くなる。
    択一試験で合格点を取るには反射的に回答する回答術と、難問を解かずに平易な問題を100%の正答率で正解する術を身に付ける人間が勝利する。

    公務員試験の合否を分けるのは、特別区教養論文・東京都1A・1B専門論文・国専門専門記述・国家一般教養論文・国家総合専門記述です。
    特に国家総合では専門記述の「千本ノック」が択一対策になるのは東大入試と同じです。国家総合択一の知識を使いこなすには論文が重要だと言うことです。
    社会人試験では、経歴と、経験者試験論文が決めてです。択一は合否を決めない。

    年齢別の難易度


    最近よく聞かれるのが「年齢が若い方が難易度が低くなりますか?」という質問です。

    次の2点の理由から、それほど関係ない、ということが言えます。
    1. 1年浪人すれば生涯賃金は1,000万円以上少なくなるから、人件費が少なくできる。
    1年浪人すると1年分の給与が減りますが、それは新入社員の給料ではなく退職時の1年分の給料が減ります。約1,000万円程度になる人もいるでしょう。
    公務員の場合、民間企業よりも定年後の就職が恵まれていますから、60歳までの賃金が1,000万円程度少なくなっても、それほどメリットがなくなることはありません。 だから浪人の方が多くても良いということになるかもしれません。
    2. 民間から転職してきた人は仕事に文句をつけないし、理想よりも現実を重視する。
    「働くことの意味」「働き方」がわかっていない大学生は「夢に見た公務員」の現実に幻滅することも多いと思います。
    しかし、一度転職した人は二度の転職はしない人が多い。だから転職した人は「一生懸命仕事をやるし転職しない」ので、採用側のメリットが大きいのです。 また「高齢」の人も「辞める」という選択肢がないので同じです。だから役所としては年齢が少々高くても気にしません。また社会経験がない新卒よりも理解が早いし仕事も早い。
    この2点から、年齢が高くなっても問題ないと言っていいでしょう。

    職務の難易度



    公務員は伝染病・災害・有事の際に、一般人を守るのが仕事です。
    その場から逃げずに、国民・住民のために仕事ができるか  試されます。

    公務員試験 無料講座(youtube)いよいよ追い込み公務員試験(10分)
    SPI無料講座(youtube)東大カリス講師の就活予備校編(9分)
    SPI無料講座(ユーチューブ)東大カリス講師の就活予備校編
    第二回
    SPI無料講座(ユーチューブ)東大カリス講師の就活予備校編
    第三回
    SPI無料講座(ユーチューブ)東大カリス講師の就活予備校編
    第四回
    SPI無料講座(ユーチューブ)東大カリス講師の就活予備校編
    第五回
    SPI無料講座(ユーチューブ)東大カリス講師の就活予備校編
    第六回
    SPI無料講座(ユーチューブ)東大カリス講師の就活予備校編
    第七回
    公務員受講前ガイダンス(12分)
    公務員・資格試験筆記合格のために最適の教材とは(6分)
    志望動機の間違い(11分)

    総合職としての成長
    択一は簡単だ
    30年総合職 教養区分企画提案論文

    地上・国家一般コースの最初の受講開始から5週間の勉強法
    地方公務員上級の仕事と論文
    面接の間違い
    市役所合格法
    経験者試験の面接と受かり方
    経験者試験受験生の大きな間違い、大きな勘違い


    受験勉強のコツも参照してみてください

<< 前のページに戻る