受験勉強のコツ(受かる勉強法) 公務員試験の勉強法 


公務員試験の指導者としてたくさんの合格者を出してきた経験から、また、現在東大、阪大受験生を個人指導している経験から、受かる勉強法というのを紹介してみたいと思います。

質問がある場合にはhttp://karisumakousi.com 東大カリスマ講師の公務員予備校を見てみてください。

私がおすすめしている勉強法、そして、自分が大学受験や、公務員試験で推奨してきた勉強法の基本は

Ⅰ 朝5時には起きて、通勤前2時間は勉強できる時間を作る。大学生の場合は、本番前2か月は朝5時に起きて勉強する。

Ⅱ 家の中で目に付く場所(机の前の壁・トイレのドアの裏側・階段の踊り場・洋服ダンスの裏側)などに、重要な知識はポストイットなどで張っておき自然に目にするようにして暗記(反復)する。数的の解説もA5サイズくらいにしてカレンダーのようにして壁に貼る。

Ⅲ 通勤・通学中に5分あれば勉強できるようにする。数的の問題を単語帳のような大きさにして持ち歩く。

Ⅳ 数学・物理・化学・英語では予備校の有名講師の書いた解説をさらに添削して、より論理的に正当な解説に書き直して完全に覚えるまで数十回書写反復する。

です。これを実現することが、短期合格につながります。

以上のⅠ~Ⅳについて、その前提として、受験勉強を効率的にするための教材が必要になります。その教材について、述べてみます。

<< 受験勉強 総論 「効率の良い受験勉強」に必要なものとは >>

受験勉強で大切なことは、合格するためにしなければならない勉強の「全体量をできるだけ早く把握することです。 そのためには、いったい、何問の過去問を勉強しなければならないか(何年分の過去問を勉強しなければならないか)を確認すればいいでしょう。

10年分でも20年分でも、2,3年の受験準備期間があるなら、やれる限りの過去問をやるのが良いですが、1年未満で合格しようとするには、弊社の場合は6年程度で受かっていますが、弊社の教材を利用しない場合には10年くらいが必要ではないでしょうか?

〇 合格の法則はない?

受験生の多くが「合格の法則」を求めます。 すべての試験に当てはまる解法や、得点法を求めますが、そもそも試験を実施する人は、他の試験との差別化を目的として試験を実施します。大学受験でも採用試験でも、他の大学や他の職種と同じ問題にならないように差別化しますので、皆さんが考えるような「合格の法則」「万能の解法」を見つけることはできません。論理的思考方法としてカリスマ講師のマル秘授業公開で紹介した「あてはめ」や「多数決の法則」がありますが、これは「問題を解くための技術」というよりも「問題を作るための技術」「難易度を調整するための技術」であって「論理的に思考すれば当然にこうなる」という技術でしかありません。 大学受験でも公務員試験でも、最も効率がいいのは、一つの試験に絞って受験勉強を始めることです。たくさんの試験に受かったとしても、何年もかかってしまえば「効率が良い」とは言えません。したがって法則を求めることは不合格への法則と言っていいでしょう。

〇 皆さんの勉強してきたことの多くは公務員試験に使えない?

最短時間で志望する大学・公務員になるには、無駄をできるだけ排除することが必要です。

ただ、気付かないうちに皆さんは無駄を覚えてしまっています。それが高校までの教科書の内容です。世界史なら〇〇出版、日本史なら〇〇出版。自然科学なら〇〇式など参考書や教科書を基にして大学受験までの教養知識は出来上がっていますが、これらは民間の教育機関や出版社が書いたもので、その根拠は政府が公表したものではなく、昔々の何とか大学の何とか先生の話したことが根拠となっている「私的」なものなのです。

したがって、公務員試験(だけではなく全ての公的試験、国家資格試験)の正解の根拠とはなりません。どんなに有名でえらい先生の「お説」でも私立大学の先生なら、単なる民間人の私的見解でしかないからです。

これは大学入試でも同じです。例えば、東大、京大、阪大などの超優良国立大学の二次試験問題は、その大学の先生が「こういう基礎知識を持っている人を選びたい」という意図で出題しますが、そういう人は、民間の教科書で勉強した人ではありません。私の経験上、民間の教科書の中の、ほんの「一握り」の公的見解や、東大・阪大などの授業で必要な解法、考え方を身につけた人間が合格しています。

つまり、私的な見解に振り回されていては、東大も、公務員試験も受からないということが言えるのです。

本校では、そうした民間通説、私的見解、私立大学の先生の話した見解、東大以外の先生の話した見解をできるだけ教材から排除して作ってあるので、正解を迷わずに選べる構成になっています。それは、専門だけではなく、教養もです。また大学入試センター試験の解説をする場合も意識して解説するようにしています。

結局、皆さんは高校までの「学校教科書」に縛られているので、大学受験だけではなく、公務員試験にも失敗し続けるという構図になっているのです。

合格するには高校までの学習内容を離れて、過去問に出た正解の知識と、不正解の選択肢だけを集めて整理して勉強する。しかし、それが私立大学生ではできないので、得点が伸びず、国公立大学生のはるか下の得点になってしまっているのです。経済なども無用な見解(過去に経済事実として認識されたことがない空論)を述べることが多い先生が多いのも困ったものです。

本校では、過去問で正解としている知識と、不正解としている知識だけから知識を連想構成して授業を構成しています。また東大の法学部の教授たちの言っていることの中で、本音だけを正解にしています。

これが本校の専門科目のテキスト、講義が「歯抜け」のように見えて、実は「出題できる分野」だけを効率よく教えている理由なのです。それが効率よくい短期間で合格できる理由です。

なので、本校で勉強することをお勧めします。

それが嫌だという人は、5年くらいは浪人することを覚悟するべきでしょう。あなたの頭の中にある「受かりにくい知識」「受かりにくい解法」を自力で排除するにはそのくらいの時間はかかると思います。

皆さんが試験に落ちてきた原因となった、高校までの勉強内容から抜け出せれば、合格は目の前です。

〇 大手予備校の教材を使って受かるにはどうしたらいいのか?

過去問を一人で、全部正解できるように勉強すれば良いと思いますが、それができるのは業界でも私くらいだと思いますので、何年もかけて、そういうことをするよりも、必勝合格パックを購入して、DVDでその知識の広がりと、考え方を学んだ方が良いと思います。

いずれにしても、高得点を取る方法は、私のように、市販の問題集に一切頼らずに、解説を考えて全科目を教えるようにすることでしょう。だから弊社の教材を使った人はみんな、従来の予備校に何年通っても取れなかった得点を取って合格していくのです。

 

〇 大学受験と公務員受験

現在、東大と阪大の受験生を個人指導しています。(ご希望の方は年間48万円で2名まで引き受けます)。

それでわかったことは、大学受験でも公務員受験でも、受験生を苦労させているのは、受験参考書の難解な解説であるということです。無駄に字数が多く、かつ、あたまの悪い解説ばかり。これが落ちる原因です。

それを、本校では、すべて解消して指導しているから短期で受かるのです。私がごく普通の区立小学校、区立中学、偏差値50程度の都立目黒高校から東大に合格したのも、学校の成績が中の中だったからです。つまり学校の勉強を全く真剣にしなかったからです。だから中学での全国学力テストはすべて満点をとることができたと言っていいでしょう。そして大学受験予備校でも、教え方が上手い、論理的に考えているという先生の授業を選んで、他のクラスに潜り込んで自分なりの受験勉強を構築し「完全な解答・解法・私的見解の含まれる余地のない知識を作りあげた」ことが最大の勝因だと思っています。

本校が、他の講師を雇わないのは、雇いたくても雇うに値する講師がいないからです。また全科目を難なくこなすような東大出身の講師もいないというのが実情だからです。そんな素晴らしい人は大企業や政府、金融機関でバリバリと働いているからです。

公務員などの予備校で働いている人たちは、そこまで合格に熱意をもって指導していないと思えるからです。なので、そうした熱意がある人ならいつでも歓迎しますので是非、弊社に面接に来てください。能力を判断して採用します。

そして、受験生の皆さんの中で、短期で受かりたい人、高得点で受かりたい人は本校へどうぞ。通学クラスもそろそろ満席になります。

 

__________________________

株式会社 公務員試験予備校   島村隆太
本社 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-2
新丸の内センタービルディング21階
TEL : 03-3216-7232
池袋校〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-47-3
TEL : 03-6907-1751
MAIL : webmaster@karisumakousi.com
WEB : http://karisumakousi.com
__________________________