東大カリスマ講師の公務員試験予備校

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

日大・東洋大・明治学院大卒 2021年国税専門官最終合格
特別区合格率 93%以上
公務員試験の中心が択一対策と思っている人は合格できません。
地方上級では択一は全体の1割程度
①択一の配点は低い 教養/専門で100点程度
②論文の配点は択一の3倍程度  300点程度
③面接の配点は択一の6倍程度  600点程度
 全得点は1,000点程度で択一は1割配点
公務員試験を難しいと思っていませんか?
不合格になる理由は予備校選びを間違えたからです。

"大手だから合格できるだろう”というのは間違い。”受験勉強の勝者”だけで運営する本校と他校との差は歴然
国公立が公務員合格するのは当たりまえ。予備校の力は不要
平均以下の学力を合格トップレベルに引き上げるのが予備校の役目
「苦労しなければ合格しない」という日本的な古い指導法を捨てる
合理的に採用に必要なことだけに絞れば大手予備校の20分の1の労力で合格できる。
(1)テキストの量(市販問題集1科目の問題数)が多い ~理由は本をたくさん売りたいから
(2)捨て科目を勉強する        ~理由は合格法を知らないから
他の予備校は「どうすれば合格させられるのか」を知らない。
他の予備校は高学歴でも模試成績トップでも不採用・不合格になる理由がわからない
だから「浪人するのが当たり前」「予備校の指導は悪くない」という常識を作ってきた
現実は、本校で数か月勉強しただけで私立中堅大生が合格し、大手で数年勉強した早慶生が落ちる。
とにかく無駄が多いから数か月でできることに数年かけなければならないのです
    大手の無駄(択一編)
  1. テキスト多すぎ        ~本で儲ける
  2. カリキュラムが4月まである  ~教室持ち予備校は教室をできるだけ長く使いたい
  3. 判断推理に力を入れすぎ    ~他の教養科目を教える講師がいない
  4. 経済勉強し過ぎ        ~他の行政科目を教える講師がいない
  5. 新傾向問題を追いかけ過ぎ   ~不合格者からの大量のクレームを恐れて
  6. 憲法・民法・行政法を難しく教えすぎ ~司法試験浪人講師ばかり使うから
  7. 合格ラインを高く設定しすぎ  ~「高得点取らないと落ちる」と言って不合格を受験生の不勉強のせいにする
  8. 科目別の講師         ~合格者は一人で全科目できる
    大手の無駄(論文編)
  1. 受験生の”できの悪い”論文を「赤ペン添削」しても合格レベルにならないのに「添削」している。
    ・本校では”受験生の言いたいことが伝わる文章”に全文を書き換えます。
    ・内容が足りない(客観的根拠に基づいた論証をしない)文章は治してもダメだから調べる資料を提示します
    ・本校では国・自治体の課題・方向性がわかるような資料を示します
    ・国・都道府県・市町村の一体的な把握ができるように指導します。
    大手の無駄(面接編)
  1. 入室・着席指導
  2. 「やる気アピール」「好感度アップ」指導
  3. 「面接カード」添削  ~早慶生でも全部書き直す必要があるほど酷い
  4. 「人の為にいいことしよう」指導  公務に「善悪」「人情」はない
  5. 社会人試験で「業績」を誇る(役所に業績評価はない)
~ 公務員試験に合格するための勉強を知らない予備校に行っても仕方ないでしょう。
国家総合職でも他校の指導は陳腐です。

過去問10年分の問題冊子と解説冊子を繰り返し学習することで合格ができる教材です。

過去問は正しく勉強しなければならない。


ただ、過去問集を買ってきてやるだけではダメ。
公務員試験勉強の最初から過去問を使って勉強するメリットは
  1. 本番の問題を時間通りに解くために必要な時間管理能力(タイムマネジメント)を習得できる
  2. 1つの試験で、過去に出た問題だけを勉強することで、他の試験の問題をやらなくて済む(時短効果)
  3. どの範囲(科目)の問題が一番重要かがわかる。勉強を科目別にバランスをつけることができる。(得点力効果)
  4. 本番で集中力切れになってケアレスミスを連発することが無くなる(メンタル効果)
まず、10年分程度をやらなければやる意味がない。3年とか5年分をやっても傾向はわからない。 ポイントは専門。 特別区のように、科目選択ではなく、問題選択の場合、経済を易しい2問だけやって、残りの3問分を社会学に逃げることができる。 また、政治学・行政学・財政学・経営学など、学者が共通している科目は一元的に勉強できるので効率が良くなる。 教養は苦手なものをやらないように時間調整が上手になる。 教養は、時間内にできないように出題されているので、満点は難しい。 できる問題だけを丁寧にやり、できない問題は逃げるという訓練をしなければ短期合格は難しい。 過去問を本番と同じように、時間を決めて練習すると集中力が高くなる。 受講生の試験問題を確認するとケアレスミスが不合格を決めることがわかる。 難問に時間を掛けると、それだけ簡単な問題をミスして不合格になる。 本番の過去問で勉強しなければ3年程度浪人しないと受験慣れしていない学生は合格はできないと思った方がいい。

あなたが落ちる(落ちた)理由

  1. 大手予備校のカリキュラムに従って択一試験勉強を進めた
  2. 大手予備校で指導された模範答案やネットに掲載されている模範答案と同じ書き方を論文試験答案で完全に再現した。
  3. 元気にハキハキと、民間企業の面接対策で用いる「好印象を与える話し方」を公務員試験の面接試験で教えられたとおりに実践した。
の3点。
本校で、大した勉強もしないのに、短期間で合格者が多数出るのは、皆さんが大手予備校やネット情報に基づいて、下手な択一試験勉強、読んでも何が書いてあるかわからない論文答案、公務員として業務を遂行できそうにない「愛想笑い」や「ニコニコ面接」をしてくれるからです。
皆さんが大手予備校と、ネットの記事で過去20年に渡って「大失敗」を続けていてくれているお陰で、本校受講生との差が歴然となり、簡単に合格できるのです。

本当の得点法


9割得点というは、全体の9割を得点するということですが、
勉強の基礎は「10割得点法」です。
これは、やった問題は全体に間違えないことを意味します。
皆さんは多く問題をやることを受験勉強だと思っていますが、それは、私立早慶程度までの合格法です。
仕事のできない人を育てるだけで、間違いをたくさんしても適当に合格できる大学用の勉強法です。

公務員は間違いをしない人間を採用します。
高得点であることよりも、正確さがわかる問題の評価が高くなっています。つまり、偏差値が高くなっているのです。その理由は、不合格者のほとんどが「雑な勉強」をしていることが原因です。
正確さがわかる問題では、ほとんどの学生が間違えて、合格者が間違えないので、1問当たりの偏差値が大きく差が付くのです。そのため「雑な勉強」=「仕事でミスする人」は落ちるという構造になっています。

9割勉強法の基礎になっているのは、やった問題は間違えない。一度勉強した問題は間違えなくなるまで徹底的に復習する。ということが10割(やった問題は全部マスターする)勉強法です。
この場合、問題数を少なくしないと、完全にマスターするための時間が大量になるので、勉強を効率的にして短時間で終わらせるために出題された過去問だけを勉強するようにします。
これが本校が短期間で合格者を出せる第一の理由です。
第二の理由は、私が全ての科目に精通していて、皆さんが動画やテキスト、過去問解説でわからないところを瞬時に説明して理解させることができることです。
これによって学習時間のほとんどを占める「悩む時間」「質問を待つ時間」「参考書を探す時間」「ネット検索する時間」が無くなります。
10割勉強法は、大手予備校が全部集まっても勝てないほどの能力を持つ一人の講師によって、より完全なものになっていると言って良いでしょう。


択一試験対策の間違い

公務員試験の全科目を指導できる私(島村)としては、この膨大な勉強量を1年でこなして合格できる人を「神」と呼びたいです。
合格するには手抜きしかない。合理的な手抜きが短期合格には必須で、それを実現した択一対策が本校の教材と個別指導です。
1. わかるところは勉強しない。わからないところだけ講師に質問する。これが最も効率が良い。
しかし、講師はたくさんいるし、科目毎の講師に一々質問しては時間が係る。一人で全科目が指導できる講師がいれば合理的に効率よい指導ができる。
それが本校の個別指導。
2. 出ないところは勉強しない。出たところだけ勉強するのが最も効率が良い。だから過去問。
3. 難易度を毎年一定に保つことが職務階級別試験には必須条件。高難易度問題だけやっても非効率だから過去問を年度別に冊子単位で勉強すれば、常に一定の難易度で勉強を継続できる。
4. 予備校に行くのに時間が係る。だから2008年からSkypeで個別指導。
手抜き+過去問+冊子+個別指導+Skype=8週間で択一合格
大量の教材。1回欠席すれば不合格になると思わせるカリキュラム。専門的知識に詳しく1言聞き逃したら落ちると思わせる素晴らしい講義。これらに感謝してもし足りない。


論文試験の間違い


皆さんが書く論文は、こんなやつ↓

この文章で「言いたいこと」がわかるなら「神」 
文章理解で、正解を見つけることができない受験生が、これで「言いたいこと」が伝わると考えるから「不合格」 
中学の国語教師が、石川啄木の小説を読み聞かせて「啄木の言いたいことは〇〇だ」って言ったとき、私はこの教師は「うそつき」だと思った。それ以来国語教師を信用したことはない。
国語教師の言うことに納得できる人(=国語の成績がいい生徒)は公務員試験には合格できない。
「教師を信じる生徒にいい成績が付く」の典型が国語。
でも、それは学校の先生の強制的な刷り込み教育だから、公務員試験には通用しない。
「誰が読んでも、皆さんの言いたいことが伝わるような文章」が書けないように日本人は教育されているのです。
↑のような論文を「模範答案」として指導する大学教員や、大手予備校、国語教師、ネット記事に大大感謝。お陰で本校の受講生は、らくらく文章理解も満点とって、論文も高評価となり、早慶や国公立に勝って公務員になっています。


面接試験の間違い


皆さんは↓こんな感じで、元気にニコニコ、好印象を目標に面接練習します。

これは、アタマを下げて、商品買ってもらって、代金をもらって、消費者のお願いやクレームを受け容れ、できなければ謝罪すれば済むとされる仕事に最適な表情ですね。
しかし、公務員は…
1 アタマは下げない
2 商品は売らない
3 お金は強制的に徴収する
4 申請や請願、お願いは断ることが多い
5 内心では国民・住民の生命・身体・財産を命に代えても守ろう、謝罪して済むことではないと考えている。
こんな人に求められるのは、断られても仕方ないと諦めさせる「説得的な表情」です。こんな↓感じ

「ダメなものはダメなんだな~。」と納得させるだけの、自信があり、頼りになる人の表情です。
皆さんが、数十万円の高い学費を大手予備校に払って、不合格になってしまうのは、本校の受講生と学習する内容も量も視点も違うからです。おわかりいただけましたか。

 大卒コース 
講座名称 購入する
<地方上級受験生必修>
特別区試験  教養・専門試験過去問冊子  過去問+解説冊子
(H21~令和2年度)
 25,300円 
東京都1B試験  教養過去問冊子+解説冊子 専門論文問題冊子+模範答案
(H21~令和2年度)
 24,000円 
国税専門官試験  教養・専門試験過去問冊子  過去問+解説冊子
(H21~令和2年度)
 28,600円 
裁判所事務官試験  教養・専門試験過去問冊子  過去問+解説冊子
(H21~令和2年度)
 27,500円 
国家一般職試験  教養・専門試験過去問冊子  過去問+解説冊子
(H21~令和2年度)
 31,900円 

 経験者コース
講座名称 購入する
特別区経験者試験  教養試験過去問冊子  過去問+解説冊子
(H22~令和2年度)
 19,800円 




過去問は年度別の冊子で勉強するべき。
理由1:過去問は年度別に全体として難易度が均一になるように作問されているので、年度別に勉強しなければ「易しい問題、得点を取らなければならない問題」を見分けられない
理由2:本番では「ルーチン的に解答する」ことが緊張感を和らげ、柔軟に問題に対応できるので、本番問題を使って自分なりのルーチンを決めることは必須
理由3:難易度は年度別に、分野別に変動するから、数的が優しい年度に何が難しくなるのかを確認。年度別に科目難易度の変遷を知ることで翌年の出題で難易度の高い問題を予測でき対策が容易になる。
理由4:本番問題冊子の問題配列に慣れることで筆算の場所をどこにするか、問題を飛ばして解答しても元に戻り、飛ばした問題を再確認することを忘れなくなる。
理由5:選択肢の番号をマークシートに転記する際に間違えることがなくなる(通常、一人平均2か所のマークミスがあり2失点している)
理由6:「木を見て森を見ず」になる大半の受験生に対し精神的にも得点的にも優位に立てる。
理由7:年度別に全科目を勉強するので、常に科目別バランスの良い学習計画を実践できる。
受験勉強したことがなくても、これをやれば予備校の秀才より早く高い得点が取れるようになります。