東大カリスマ講師の公務員試験予備校

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
東大公務員試験予備校 公務員試験総合ガイドへようこそ!
公務員試験に関する情報を幅広く掲載しています。掲載内容は、公務員の種類・公務員のしくみ、日程、受け方、出願から、学習の始め方、試験内容、合格法まで多岐に渡ります。まだ公務員について何も知らない方から、すでに学習を始めている方や今年の本試験を受験して答え合わせをしたい方まで、公務員受験生のあらゆるニーズに答えます。


電子パンフレット

女性公務員を増やす予備校
ヤフーショッピングで30%割引

  
公務員試験の合否は”情報力”が決める
「”東大卒”の情報収集力が他の予備校よりも高い」から合格率が高い
合格実績が違う


合格者座談会を公開しました

大阪市の採用試験

 
試験科目
試験科目行政22-25行政26-34
一次試験エントリーシート
適性検査(SPI3)
筆記試験論文 又は 法律択一の選択
企画論文
二次試験口述試験(個別面接)

試験科目福祉22-40技術22-29
一次試験エントリーシート
適性検査(SPI3)
専門記述
専門択一
小論文
二次試験口述試験(個別面接)
公務員試験
最短合格法
公務員試験
最短合格法
動画中”教室テスト(日曜テスト)”は在宅演習に変更。フレックス制(教室講義)は2018年のみ試験的に実施し廃止。

合格可能性テストを受けてみよう

メールアドレス・希望職種・年齢・学歴をフォームに記入すれば合格可能性を判定
公務員試験合格可能性テスト

    1)行政22-25
  1.  エントリーシート(一次合格者に交付)(一次試験):受験票交付時に課題発表。一次試験日に提出。志望動機等を記入し文章力、職務意欲、職務能力を試す。審査は厳格。
  2.  適性検査(一次試験):SPI3
  3.  論文(一次試験 選択):企画提案に必要な論理的思考力や発想力などを問う。模範答案を暗記する勉強では合格できない。政策バイアスが必要。
  4.  法律択一試験(一次試験 選択):地方上級の平均的な出題内容 憲法、行政法、民法、刑法、政治学・行政学、社会事情(各科目5問 合計30問から25問選択)※政治学・行政学は2科目で1科目とする。
  5.  口述試験(個別面接)(二次試験):具体的な質疑応答

    2)行政26-34
  1.  エントリーシート:試験科目に含まれる。企画論文で自己のプロフィールに無関係な論理的文章を作成するので、エントリーシートでは自己の経験や意欲など主観的な事実について5W1Hを含む、時系列表現力、説明力を検証される。合否決定の要素となるので、社会人として経験がある者は始末書などを書いた経験を思い出し、説得的な文章を書く訓練をする必要がある。
  2.  適性検査(二次試験):平均的な出題。合否には影響が少ない。SPIと公務員試験の折衷的試験問題。
  3.  企画論文:大阪市の課題に対する現行の取り組みなどを知ることが必要。模範答案を暗記する勉強では合格できない。
  4.  口述試験(個別面接)(二次試験):具体的な質疑応答 行政知識、退職理由、志望動機、転職理由等について掘り下げた質問になる

大阪市の合格法

大阪府・大阪市は、「選考試験」「裁量採用試験」と言って良い。
択一試験を重視せず自治体職員として憲法15条の「全体の奉仕者」として適性があるかどうかが考慮されている。
"論文・エントリーシートで何を書くか"で、合否が決まる試験。
大阪市が大阪府と連携すること、大阪市の仕事の内容と、職務の公正を保つために必要な条件を理解していれば、採用は難しくない。

行政22-25 :学歴と学部・専門課程で学んだ学問内容が重要。3回しかチャンスが無い。エントリーシート・論文で「正確な日本語表記ができるか」を試験される。口述試験が試験の中心。 
行政26-34 :職歴と職場(職務内容)が重要。勤務した期間が長い方が採用され易いが、専門的な職務に従事したり、専門的な知識・経験があるために短期間で転職をしたなどでは、経験・専門性が重視される。エントリーシート・企画論文・口述で職務経験と成果を表現できるかできまる。
福祉22-40 :エントリーシートでほぼ決まる。口述試験は経験値を確認るためだが、大学生は学歴で評価される。
技術22-29 :学歴・職歴とエントリーシートでほぼ決まる。口述試験は経験値を確認るため。

東京都と特別区の関係と違い、大阪府・大阪市は独立した地方自治体として、互いに独立しているため、利害の衝突が大きく、二重行政も多い。行政の効率化に対して前向きかどうかで採用・不採用が決まる。
学校事務がないので教員免許保有者は受かりにくい。
大阪府とともに政治的中立性を重視した試験形式。東京都に始まった「インターンシップ採用」に源流がある、職務本位で憲法15条の「全体の奉仕者」重視の採用試験。
求める人材像に適した人間でなければ論文・面接で落とす。
採用者の意図を反映しやすく、学力より学歴を重視する採用。
行政22-25で法律択一試験を選択にしているのは「法学部生優遇」。法学部生でなければわざわざ、法律を勉強して択一を受けるメリットはない。
民間企業志向の者が併願しやすい試験だが、それだけに民間併願との差別化には論文・エントリーシートの機能が大きい。民間志向型人間の論文と公務員志向型の論文は明白に趣旨・傾向が異なるので採点・評価はしやすく、人材を見出しやすい試験(受験者からは簡単に自分の志向が読まれ易い試験)。
地方公務員の幹部候補生以外は法律知識は必要ない。論文とエントリーシートの出来がいい経営学部や文学部、社会学部生の方が有望。
行政26-34では、高い教養と専門的な法律理解、専門科目の理解が求められる。また企業・公務での経験が個別面接で問われる。

論文過去問には現在の課題が眠っている。
理由1:行政の課題は、解決されずに何年も経過している。だから行政課題は過去問を見ればわかる。
理由2:本番では「ルーチン的に論文作成する」ことが出題分析を容易にし、視点を確保して文章内容を充実させることができる。過去問で行政課題、解決法を考えておくことで新しい問題に対応できる
理由3:行政課題は限られている。既に取り組みが行われているので、その取り組みを意識した論文を書くことが必要。抽象的な論文はマイナス評価になる。あくまで大阪府の実態に即した内容にしなければ評価は得られない。
理由4:段階別に多様な面接質問が出されるので、その段階に対応するだけの行政知識を過去問を使って整理しておく必要がある。
理由5:年度別に課題を分析することで、常に大阪市の行政が求める人材に近付くための方法がわかる。
採用試験の受験勉強したことがなくても、論文過去問やグループワーク、プレゼンテーション面接の課題の正解を整理すれば合格できる。


地方上級もエントリーシート方式に

地方上級では、試験出願時に面接カードを提出させる自治体が増えています。
これは民間のエントリーシートと同様に、作文力・論文力などの文書作成力を先に判定するためです。
一次試験で重要なのが論文試験です。択一対策より論文対策を重視する人が最終合格し易いからです。
論文は準備しないで論理的に思考しながら作成する試験で、この判定で一次試験の合否が決まります。
その後に面接カードで志望動機などを検討します。

合格上位者にとっては論文試験は難しいものではないので、従来は面接カードが最終合否を分けていました。
一次試験合格後に面接カードを書く。
「試験勉強が上手」な人(上位合格者)は「一次試験」に複数合格しますが、自分の第一志望以外の試験では「志望意欲の低い人」。
第一志望以外では面接合格しても辞退する人が多い。これでは税金(試験実施費用)の無駄遣いです。

この「志望意欲の低い人が受かり易い」という状況の原因は”志望意欲が低くても受験させる”(倍率を増やせばいい人が採用できる理論)現在の試験体制に原因があります。
昭和の時代では「就職したら辞めない。やりたくない仕事(厳しい仕事)でも乗り越えていく。」という「意欲無視」が是とされていましたので「多数を集めれば良質な労働者が確保できる」という公式が成り立ちました。
しかし、合理的ではなく尊厳無視の「意欲無視」は”前近代的な日本人”でない限り受け容れることはできない。
現代の公務員求職者にとって「仕事:人生=3:7」なのです。
”「仕事に意欲を持てない大学生」は簡単に退職する”
だから「意欲を上手に表現できるかどうか」(意欲の有無を判定するのは憲法の”内心の自由”に抵触)で選考する試験に公務員も進化しているのです。

多くの自治体では、エントリーシート方式で書類審査をして志望動機を確かめてから筆記試験をする日程に変えています。

昭和の時代は「択一勉強に時間をかける=志望意欲の強い人」という公式が当てはまりましたが
今は「択一勉強に時間をかける=志望意欲が低い人」という公式。
「勉強時間と意欲」は反比例。
意欲を見るために特別区も出願時に面接カードを提出することに変更したようです。
”意欲があるかないか”で択一試験の評価に差をつけよう。
意欲があるかないかは、文章力でわかります。

文章で意欲を伝えられない人は論文を採点する必要もない。
論文を採点するより面接カードを採点する方が採用に役に立つ。
去年と同じ面接カードを書けば、結果は去年と同じです。

論文が書けないのは字が読めないからです(識字力が低い日本人には日本の公務員は務まらない)

”協働”と”連携”の違いがわかるでしょうか?
これがわからなければ平成30年の特別区の教養論文はまともな解答が書けません。
特別区では、安全・安心のまちづくりや環境負荷の軽減をはじめ、区政の様々な分野で住民と協働した取組みが展開されています。今後、人口減少や少子高齢化の進展など社会状況の変化によ り、地域の抱える課題がますます複雑・多様化する中にあっては、行政と住民が連携を深め、課題解決に取り組むことが更に重要となってきます。その基礎となるのが住民との信頼関係です。
このような状況を踏まえ、住民との信頼関係の構築について、区政の第一線で住民と接する特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい。(平成30年特別区教養論文問題)

まず、問題文が長いので読むことができません。
題意を理解することができない。「何を書いていいかわからない」という受験生ばかりです。
問題の読み方は合格の決め手になるので受講生のみにお話ししますが、それ以外に重要なのが「識字力」です。

「現代日本人」は「漢字」が読めない「カタカナ」人間です。
「カタカナ」は外来語で正確な定義がない言葉を日本社会に取り込むために使われる「便利グッズ」です。
意味が曖昧で適当に雰囲気だけを伝える「日本人らしいモヤモヤした言葉」です。
大学の教授でカタカナを使えば学生が(??)って顔で尊敬してくれると思っている人が多いのも、「学生に自分がバカだということを隠すのに都合のいい言葉」だからです。
公務員は「意味のあいまいな言葉」は使ってはいけない。
だから、漢字を使います。「漢字は字が違えば意味が違う。」ので、正確に違いを伝えることができます。

本問では「協働」と「連携」の違いが判らなければ出題者の意図した論文が書けません。
出題のネタ元はこちらです。
「協働=協力して働く」「連携=連らなって携わる(関係する)」。「協働」と「連携」は全く違う概念です。「協働」が動的な意味合いが強いとすれば「連携」は静的な意味合いが強い。
区と住民は「協力して取り組みについて働いている」のに、「行政と区民が連携を深める」とはどういうことでしょうか。
”区民協働のあり方”検討会議報告書では、
1. 区とNPO・ボランティア団体等(区民)との協働が行われている
2. NPOやボランティア団体は”組織の課題を抱えている”ために地域の課題の取り組みが進まない
3. NPOやボランティア団体”同士”が”連携してくれない”と”課題の取り組みが進まない
4. 連携には信頼関係が必要
5. そのためには自治体がNPO・ボランティア団体同士の”架け橋”となって、NPO・ボランティア団体同士の信頼関係を強くして、NPO・ボランティア団体同士の連携ができるような信頼関係を作ることが必要
これが資料の8pにあります。
住民自治は「自助>共助>公助」です。最も重要なのは自助で住民が自分ですることに自治体は支援するというスタンスです。
しかし、住民同士が「主義・主張」の違いから反目し合うのが東京特別区です。これによって連携ができない。日本は差別・虐め国家ですが、東京特別区はその中心と言っていい。
NPOやボランティア団体は政党によって支援されているため、政党が違えば協働・連携できない。
自治体のことに無関心な大学生は到底気付かないことでしょう。
「特別区の職員として」知っておかなければならないことが論文で出題され、皆さんの答案では確実に不合格。
特別区の論文試験に”内容”で合格できる人は本校受講生を含めてごくごく少数。司法試験や国家総合職の論文も同様、東大教授などの採点者泣かせ。
問題が読めないのだから、答案が書けるはずがない。
「識字力のない日本人」だから99%が不合格。
”採点しても意味がない”。
そこで志望動機(面接カード)で一次合否を決めようということになったのだと思います。


2021年 私大文系短期合格者 合格体験談


2021年4月入校 法政大4年  2021年特別区合格
他の予備校から転校。授業についていくことができず浪人覚悟してたときに東大公務員予備校のHPを見てすぐに受講を始めました。過去問を反復するやり方に細かい指示があってすごいスピードで反復が進み自信がどんどんつきました。 2か月半で特別区一次に合格した時は驚きました。その後国税の一次も合格しましたが面接辞退。浪人覚悟だったので特別区専願で見事内定を取ることができました。毎日集中して勉強できたのはチャットのお陰でした。ありがとうございました。
2021年3月入校 日本大学4年 2021年国税専門官合格 
遠隔地で近くに予備校が無かったので独学で勉強していましたが、どうしても今年合格したくて東大公務員試験予備校に入学。教材が到着してすぐに過去問に着手。毎日チャットで質問したので択一と論文と面接指導がスムーズに進み合格してしまいました。
先月まで悩んでいたことがすべて解決して自信をもって試験に臨めたのが勝因だと思います。入らなければ浪人していました。とても感謝しています。
2021年4月入校 法政大卒社会人5年目 2021年国税合格
大学時代は公務員を目指していませんでしたが、新型コロナでいろいろと考えるところがあり公務員を目指しました。まずは練習のつもりでテレワークで負担の無さそうな東大予備校に入校。過去問から始めるので実践的で面白くてどんどん勉強が進み、気づいたら一次合格。「今年で合格してやろう」と欲が出て。見事合格しました。
自分でも驚いていますが、質問すればすぐに答えが返ってくるし、答えもわかりやすい。法学部でないのに今は法律に詳しくなりました。奇跡の予備校です。ありがとうございました。
2021年5月入校 都内私大卒1年目 2021年市役所合格 
就職浪人して公務員の方が良いかなと東大公務員予備校の2022年合格コースに入校しました。勉強は教養中心で過去問を回しチャットで質問。丁寧でわかりやすい回答が返ってきます。数的処理初体験・数学苦手でも合格。 同じパターンの問題でミスが連続すると”Skype”で個別指導を受けた方が良いです。とチャットアドバイスされSkypeで理解。力試しで受けた埼玉の市役所に合格。面接も細かい疑問を全て解消してくれることが自信につながったのが勝因だと思います。親も喜んでいます。ありがとうございました。
2021年3月入校 都内私立大学4年 2021年県庁合格
HPの合格体験談を読んでサークルの先輩だと思い確認してみるといい予備校だと勧められて浪人覚悟で2022年コースに入校。出願を勧められて国税と地方上級出願。公務員は勉強したことが無かったですが問題練習とチャットと進捗報告の毎日で合格しました。 大学に入ってから一番勉強したと思います。質問には丁寧でわかりやすい説明が返ってくる。勉強の仕方や演習の進め方も進捗に合わせて指導してくれる。深夜でも対応してくれるので不安なく7か月で合格。
2021年3月入校 地方私立大学4年 県庁合格  
とにかく焦りまくってました。就活も公務員も手つかずで年明け。「東大公務員予備校」って名前に期待して入学。授業見ないで過去問解くのが自分には向いていたようです。指導も良くてわからないところを質問すると、ちょっと深めに解説してくれるのでテキスト見る必要がない。 短期間でサクッと勉強して、論文もサクッとコツのみ聞いて一次合格。面接は驚きました。半信半疑で指導のとおりにやったら合格。名前を信頼して良かったです。


合格可能性テストを受けてみよう

メールアドレス・希望職種・年齢・学歴をフォームに記入すれば合格可能性を判定
公務員試験合格可能性テスト
国家総合職国家一般職の合格法国税専門官の合格法裁判所事務官の合格法
地方上級の合格法特別区の合格法市役所の合格法社会人試験の合格法


2022年主な合格実績(一次合格を含む 集計中)

国家総合職 国家専門職 衆議院事務局総合職 裁判所事務官 福島県 新潟県 富山県 東京都 千葉県 神奈川県 埼玉県 栃木県 茨城県 兵庫県 岡山県 愛媛県 香川県 山口県 大分県 宮崎県 熊本県 特別区 さいたま市 その他市役所多数 警視庁警察官 広島県警警察官他

2021年主な合格実績(一次合格含む)

国家総合職 国家一般職 国家専門職 裁判所事務官 衆議院 北海道 青森県 宮城県 福島県 群馬県 栃木県 千葉県 東京都 神奈川県 埼玉県 静岡県 愛知県 福井県 大阪府 京都府 兵庫県 広島県 山口県 島根県 香川県 徳島県 愛媛県 高知県 福岡県 大分県 佐賀県 宮崎県 熊本県 仙台市 宇都宮市 千葉市 さいたま市 特別区 川崎市 横浜市 浜松市 京都市 大阪市  神戸市 その他市役所・警視庁・神奈川県警・埼玉県警・広島県警(他県警)・公益法人・民間企業 

2020年合格実績

国家総合職 裁判所事務官総合職 国家一般職 国家専門職 裁判所事務官 北海道 岩手県 秋田県 新潟県 群馬県 長野県 千葉県 東京都1A・B 警視庁警察官 埼玉県 神奈川県 愛知県 石川県 三重県 滋賀県 兵庫県 岡山県 広島県 徳島県 愛媛県 高知県 熊本県 長崎県 仙台市 千葉市 さいたま市 特別区 川崎市 横浜市 相模原市  京都市 津市 神戸市 倉敷市 松江市 広島市 他市役所・国立大学法人・独法・民間企業 

2019年合格実績

 国家総合職法律職 (大卒区分) 国家総合職行政(院卒区分) 警視庁警察官 裁判所事務官 大阪府  埼玉県警警察官  京都市 東京特別区(合格多数)岩手県 仙台市(大卒試験・社会人試験)京都府  さいたま市 国税専門官(多数合格)財務専門官 労働基準監督官 青森県 栃木県 埼玉県 福岡県 神奈川県 山形県 千葉県 香川県 新潟県 福島県 宮城県 兵庫県 山口県 神戸市 千歳市(社会人試験)柏市 東大和市 国家総合職国交省内定   国家一般職(合格多数)東京都1A 東京都1B(合格多数)国立大学法人(合格多数) 特別区技術系 裁判所事務官(総合職・一般職)神奈川県警 東京医大他 民間内定多数 東京都キャリア採用試験 徳島市(大卒)名古屋市(経験者)合格   国家公務員経験者 係長級 合格 愛知県社会人試験 最終合格 新潟県社会人試験 最終合格

2018年合格実績

 国家総合職法律職 (大卒区分) 国家総合職行政(院卒区分)東京都1類B(新方式),東京都1類B(一般方式),東京都1類A,千葉県警他 警察官,特別区,国家総合職法律職(大卒区分)国家総合職行政(院卒区分) 国家専門官試験,国家専門官(入校8週間で合格),神奈川県,千葉県,茨城県,栃木県,群馬県,国家一般,千葉市,浦安市,日本年金機構(独法),私学助成基金(独法),  岡山県,高知県,宮城県,仙台市,新潟県,群馬県,山梨県,鹿児島県,埼玉県,横浜市,川崎市,倉敷市,仙台市,仙台市(大卒事務),東京都1類B,国立大学法人, 裁判所事務官総合職・一般職,特別区,東北大学,東京工業大学,国家一般,国専門官,山口県,秋田県,広島県,福岡県,石川県,高知県,福井県,愛媛県,年金機構, 奈良県,三重県,岐阜県,鳥取県,愛知県,さいたま市,千葉県,宮城県,鹿児島県,岩手県,香川県,福島県,栃木県,茨城県,千葉市,京都市(京都方式),大阪府,愛知県,大阪市, 京都府,沖縄県,川崎市,横浜市,熊本県,宮崎県,神戸市,広島市  民間企業,共済組合,不動産協会,東京医大,船橋市,市川市,旭市,柏市  戸田市,越谷市,東松山市,草加市,所沢市,久喜市,川越市(以上一次試験合格)  関東・関西 市役所最終合格多数  国家公務員障碍者試験 合格

2017年合格実績

 国家総合職,警視庁警察官,警視庁警察事務,県警警察官 東京都1B,特別区1類,千葉市,国家総合職  国税専門官,熊本県警察事務,さいたま市,浦安市,千葉県,沖縄県,新潟県,山口県,宮城県,広島県,三重県,岐阜県,熊本県,国家一般職,大分県,静岡市,岩手県,和歌山県,東京都  東京特別区,国立大学法人,横浜市,宮城県,広島県,国家一般職,国家専門職(税・労基・財務等), 特別区内定,千葉県,浦安市,沖縄県,さいたま市,東京都キャリア採用,愛知県社会人試験,清瀬市,東松山市,東久留米市,共済組合,特別区社会人試験 2級・3級職, 愛知県庁 社会人試験 
公務員試験の難易度国家一般職の合格法国税専門官の合格法裁判所事務官の合格法
地方上級の合格法特別区の合格法市役所の合格法社会人試験の合格法
職種別公務員の仕事のちがい公務員試験 大学別合格ランキング公務員試験職種別難易度一覧表公務員試験過去問ランキング
文章理解のコツ論文合格法公務員倍率 受かる方法就活の難易度
択一のコツ勉強法の間違い面接合格法<9割得点法
大阪府の合格法大阪市の合格法集団討論の<間違い>公務員の魅力
集団討論の<間違い>AI面接対策論文対策2過去問ダウンロード