Sample Company

国家総合職(文系・理系)

毎年理系文系合計で700人程度が中央政府の幹部候補員として採用されます。この採用者を決める試験が国家公務員総合職試験です。中でも大卒試験は将来の事務次官となり、国家行政の指導的立場を担うので、日本の未来を決定する人材が求められ、東大法学部など優秀な大学生が多く採用されています。

<個別指導だからできる>国家総合職と地方上級・一般職の両方合格を目指すコース
個別指導で より速く・より確実な合格へ挑戦 在宅クラスの模擬面接対策はスカイプで実施します

省庁幹部の話では、最近の若手キャリア職員は、論理の飛躍が甚だしい者が増えているという。結論から考えることは良いとしても、その途中の思考に欠落があるという。これは論文試験の答案の多くが、論理的な構成ができていない不完全なものであることが理由だともいう。 法律職の論文試験では満点60点で平均点が30点、標準偏差が6点と、受験者の68%の学生が24点~36点という低位に存在することを示していて、18点から42点に95%が存在する。その意味は答案の基礎点(文字が書けている答案)が20点であることを考慮すると、実質的0点の答案が15%、合格レベル(40点以上)の答案は5%未満となる。 これは、予備校が指導しているという現状を考慮すると、予備校の論文指導に低レベルになる原因があるものと考えることもできる。そして、前述の幹部の話を併せて考えると、論理的思考を表現できる力がない者が多く合格しているということになるとも考えられる。論文力の欠如が現職若手キャリアの論理的思考力欠如の原因であると 決めつけるには情報が少ないが、東大法学部生の受験生が法律職全体の5%程度であることを考慮すると、論文力の欠如が蔓延していると言っても過言ではないと言えるだろう。本校では、皆さんの論文力を実務で使えるレベルに引き上げることを目標として指導している。是非、本校を受講されることをお勧めする。
試験概要
  1. 大卒程度試験(4月) 全省庁の採用が対象 
    ※ 東大では法学部・経済学部が中心 法律区分は事務次官(省庁トップ)になる職種
  2. 大卒程度試験教養区分(9月) 外務省外交官試験の名残 外務省を中心に採用
    ※ 東大では教養学部のみが対象 他学部は4月試験が対象 
  3. 院卒者試験 (4月) 全省庁の採用が対象
    ※ 東大では理系学部院生が中心 東大理系学部は院卒者採用が原則 
  4. 院卒者試験法務区分 (9月) 司法試験合格者が対象
採用者数の多い東大では受験区分選択は先例・慣例により決まる 東大のみの制限で他大学にはこうした制限はない
大学別合格者数(H30実績)
1.東京大学 329名 2.京都大学 151名 3.早稲田大学 111名 4.東北大学 82名 5.慶応義塾大学 82名 6.北海道大学 67名 
7.大阪大学 55名 8.中央大学 50名  9.神戸大学 48名  10.岡山大学 45名 11.東京理科大学 43名 12.千葉大学 42名
13.東京工業大学 42名 14.九州大学 41名 15.一橋大学 39名 16.明治大学 39名 17.立命館大学 32名 18.東京農工大学 30名
19.同志社大学  27名 20.筑波大学 26名 21.広島大学 25名 22.東京海洋大学 18名 23.金沢大学 16名 24.大阪市立大学 14名 
25.岩手大学   12名 26横浜国立大学 12名 27.新潟大学 12名 28.首都大学東京 12名 29.日本大学 12名 30.上智大学 11名
31.法政大学   10名 
試験科目(4月 大卒程度)
  1.  基礎能力試験(択一式) 
  2.  専門試験(択一式)
  3.  専門試験(記述式)
  4.  政策論文試験(記述式)
  5.  人物試験(面接試験)
  6.  英語試験(TOEFL,TOEIC,IELTS,英検)
試験科目(4月 院卒者)
  1.  基礎能力試験(択一式) 
  2.  専門試験(択一式)
  3.  専門試験(記述式)
  4.  政策課題討論試験(グループワーク試験)
  5.  人物試験(面接試験)
  6.  英語試験(TOEFL,TOEIC,IELTS,英検)
試験科目(9月 教養区分大卒)
  1.  総合論文試験(記述式)
  2.  基礎能力試験(択一式) 
  3.  企画提案試験(記述+プレゼン)
  4.  政策課題討論試験(グループワーク試験)
  5.  人物試験(面接試験)
  6.  英語試験(TOEFL,TOEIC,IELTS,英検)
試験科目(9月 法務区分院卒)
  1.  基礎能力試験(択一式) 
  2.  政策課題討論試験(グループワーク試験)
  3.  人物試験(面接試験)
  4.  英語試験(TOEFL,TOEIC,IELTS,英検)
個別指導
  1. 予約フォームから24時間ご予約いただけます
  2. 複数の科目を一度に質問対応できます(数的処理と民法など複数科目を一人の講師が対応します。)
  3. 面接指導は何度でも可
  4. 官庁訪問は指導歴15年 各省庁の採用のクセを熟知して内定獲得につなげます
  5. 在宅コース指導方法はSkypeで対応します
  6. セルリアンタワークラスでもSkype個別指導を利用できます
  7. 論文添削もWord文書で赤線・赤文字添削で返却(1週間程度で返信 メール対応)
対面での個別指導はセルリアンタワークラスのみご利用いただけます
  1. 場所 セルリアンタワー
  2. 日時:個別指定 (実施問題・実施日は個別設定)


論文指導、筆記対策、官庁訪問対策のどれも素晴らしかったです。2年間お世話になりました。内定もいただけてこれからは総合職として頑張ります。
大学2年からお世話になり、志望官庁から内定をいただくことができました。これも全て先生のおかげです。これからはキャリアとして自覚をもって残りの大学生活を送ります。
個別指導なので何でも聞けるし、徹底して教えてもらえるのがメリットです。他の受験生が知らないことをたくさん教えてもらい試験対策が短時間で済みました。ありがとうございました。