秋市役所試験の説明会に向けて準備しておきたいこと


地方自治体では、様々な課題があります。

最も大きなことは、経済の問題です。
次に、地域によっては教育問題もあるでしょう。
また、防災問題も大きいと思います。
南海トラフなどの震災対策は重要です。

説明会では、その地域・自治体、広域での政策課題の中心が何かを聞くのが良いでしょう。
HPを見れば、主要な課題が「順番に掲載」されているので、その順番が、政策の重要度と一致していると思いますが、
その中で、自分が興味があることや、知識があること、また大学で勉強していることなど、「我田引水」できる話題を探しましょう。

そして、次のように質問するのがいいでしょう。
「私は、大学で土木で防災の研究をしていますが、○○市では、防災対策についてどの程度の予算を使っているのでしょうか?」
「私は、大学で社会学を専攻していますが、○○市では、少子化の進行について、どのようにお考えでしょうか?」
「経済学部ですが、経済のグローバル化について、○○市では、特区の設置などを検討しているのでしょうか?」
などです。
政治問題や、人権問題は避けるべきですし、現在マスコミで騒がれているような話題も避けるべきです。
教育問題も、「待機児童の解消方法」なら良いですが、「いじめ」は「論文」に出題されるように「踏み絵的要素」がありますので、マスコミ論調になりがちな話題です。
避けるべきでしょうね。

どんな話題で質問するかで、採否に影響する場合もありますので、注意する必要があります。
説明会で、職員が「回答に困る」ような質問をするのは不合格になる一因となりやすいので注意しましょう。

ブログで一部を紹介している本校講義が、9月に、全20冊の「カリスマ基礎講座シリーズ(仮)」・「カリスマ専門対策講座シリーズ(仮)」として一ツ橋書店から発売されます。ご期待ください。


大学生 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ

YOU TUBE