公務員試験に短期合格するための秘訣


教養試験で最も大切なのは総合的な得点力を身に付けることでしょう。

得点力の中心は、本番での回答力ですから、模試をたくさん受ければ合格しやすくなります。

過去問の出題傾向、範囲、分野は、特別区と東京都では違いますし、国家総合と国家一般、国税ではすべて違います。国立国会図書館や衆参議院も違います。だから、出る問題の出る分野、出題問題の難易度に適合した勉強をすることが短期合格法です。

ただ、こう言っても、それが簡単にはできない。自分一人で教材を集めて、自分で模試をやっていても、これでいいのか?って自問自答してしまうでしょう。

それをしっかりフォローして個別に学習指導するのが本校の役目です。

わからないところはスカイプで指導します。一度の指導で人文も自然も、数的も文章も英語も、そして面接も、全部指導できるのが短期合格の秘訣。いつでも質問できて、解答がわかる。

このスカイプ指導と過去問テストが総合的な実践力を養成する。これが短期合格の秘訣。