短期合格のコツ 


教材の量は少ないものを選ぶ。

短期合格には反復回数を多く(20~30回)して、既存の知識を完全にマスターすることが必須です。応用力は既存知識の集合体を俯瞰する能力でしかないので、教材の量が多いと「俯瞰」できるようになるまで時間がかかりすぎるからです。

数的処理なら40問程度で足ります。勿論同じ系統のものを40問集めてもダメなので、出題傾向に沿った量的重複性(出題頻度)で反復することが必要です。これが過去問の冊子を教材としている理由です。

過去問冊子なら本番出題配分通りに勉強できるのでこれ以上に効率よく勉強できる教材はないからです。したがって最も量の少ない教材は過去問冊子ということになるのが論理的帰結です。