理系大学生は、公務員の事務職に合格できますか(2017年の事情)?


「公務員」であれば、何でも良いというなら、理系大学生でも問題ないでしょう。

人口規模が数万人程度の小さな市役所では、そもそも、文系の職種と理系の職種を分けていないのが普通ですから、理系の大学生と文系の大学生を差別しない自治体が多いと思います。
募集で「事務職(行政事務)」と「技術職(電気・土木・建築・農学)」のように職種を別に分けている場合でも、人口が20万人以下の自治体程度なら、
募集で、優秀な理系大学の学生が受けてくれれば、文系の一般的な大学の学生よりも採用可能性は高い場合も多いのではないでしょうか?

また、昨今の好景気で東京特別区では、大卒以外でも「1類」試験に採用しようとしているようです。基礎的な自治体である東京都特別区では「大量に採用するには大学生だけでは足りない」ということなのだと思います。なので、理系でも本校では特別区1類行政事務に合格しています。

しかし、国家公務員総合職や、国家一般職のように、大卒程度で技術職のように理系の職種を設けている場合は、
理系学部の学生は技術職でないと採用してもらえないと思います。

募集側が、明確に理系と文系を分けている場合は、公務員事務職には文系大学生を、技術職には理系大学生を採用したいという意思が募集要項に現れています。
その採用側の意図を組まなければ採用されません。

理系の学生さんは、文系職種の方が募集が多いからと、文系で受けようと思ったり、また、自分の職種の募集がないから文系で受けようとする人が多いですが、簡単には受からないと思います。
募集が数十人の自治体は、文系でも合格するのに数年かかることが多いのですから、少々募集人員が理系より多いからと言って、簡単に受かるとは思わない方が良いでしょう。

ただ、最初に書いたように、募集は需要と供給のバランスで決まる面もあります。
例えば、政令市や、それ以下の市役所の場合は、一流国立大学や有名大学の理系の学生が事務職に募集してきた場合は、採用したくなる場合もあるでしょう。
となると、理系大学生でも事務職に採用されることも多いでしょう。2017年採用のように、好景気でいい文系大学生がいないという状況では理系の学生の方が有望です。

基本的には、需要と供給のバランスと、その職種の仕事内容、また、相手の求めている能力によります。

ただ、小さい自治体では先ほど書いたように、そもそも理系と文系を分けていない場合が多いですから、どの自治体にでもあてはまるわけではないので、ネットに書き込まれた「私のまわりは理系が多い」的な発言には注意した方が良いでしょう。

 

__________________________

株式会社 公務員試験予備校   島村隆太
本社 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-2
新丸の内センタービルディング21階
TEL : 03-3216-7232
池袋校〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-47-3
TEL : 03-6907-1751
MAIL : webmaster@karisumakousi.com
WEB : http://karisumakousi.com

YOU TUBE
__________________________

 

 


コメントを残す