数的アレルギー解消法


1月から受講を開始した人の多くが、この時期になると学習のペースが掴めてくる。
受験勉強の基本は過去問をマスターすることにあるので、出題傾向が掴めてくると学習範囲が思っているより広くないことに気づくからだ。
過去の出題問題をきちんと整理し、反復練習すれば、この分野は出ない、あの問題は簡単だ、というように力の入れ方の強弱が身に付いてくる。
さらに、数的も思ったよりも簡単だということがわかってくる。

それがわかれば、あとは「試行錯誤」を繰り返すだけ。

わからないところは、質問してください。

質問の解説も面倒くさいのはビデオ授業でダウンロード配信します。

教室でわからない問題は、本番では出ないことが多い幻想にすぎません。

一人一人の個別の問題に丁寧に対処して、問題を解決することが短期合格の秘訣です。