東大SPI予備校

Topics


SPI無料講座(youtube)東大カリスマ講師の就活予備校編(9分)
SPI無料講座(ユーチューブ)東大カリスマ講師の就活予備校編
第二回
SPI無料講座(ユーチューブ)東大カリスマ講師の就活予備校編
第三回
SPI無料講座(ユーチューブ)東大カリスマ講師の就活予備校編
第四回
SPI無料講座(ユーチューブ)東大カリスマ講師の就活予備校編
第五回
SPI無料講座(ユーチューブ)東大カリスマ講師の就活予備校編
第六回
SPI無料講座(ユーチューブ)東大カリスマ講師の就活予備校編
第七回
民間就活講座  講座名称購入する

東大カリスマ講師の神ワザ解法 SPI+ES+面接個別指導で内定獲得
<在宅コース>SPI+ES+面接講座
44,000円
受講期間中 上記金額以外の費用はかかりません。

その他の著書一覧 

就活は早い者勝ち
  1. まず、自己分析 
  2. 次に企業研究と業界研究
  3. そして志望動機と自己PRの作成
この3段階が就活のスタートライン

就活ガイダンス・セミナー

Skype無料セミナー ★★「就活・転職のコツ教えます」のお知らせ★★
費用:無料 
申込方法:予約フォームから「受講生用予約」をクリックしてご予約ください
Skypeで個別セミナーいたします

予約フォーム

ES
ガクチカサンプル
★★こんなES/ガクチカを書かないとダメです★★
エントリーシートは、企業毎に、違うエントリーシートを書かなければ「お手軽受験生」として不採用になる 
誠意と熱意のない大学生は、最初から要らない
文書を掛けない大学生は仕事ができないから要らない
    保健サポートサービス
  1. 当社を志望する理由をお答えください
     〇〇グループの一員として、保険加入者のお客様とのファーストコンタクト窓口として、通常のコールセンターよりも付加価値の高い、お客様の立場に立って寄り添うことができる業務をしたいと思って志望させていただきました。  保険加入者のお客様の日常に様々なサービスを提供する窓口として、将来性を感じたのも志望の理由です。保険業務は有事の際に加入者の方に金銭給付と法務対応をサポートするサービスですが、  事件・事故の状況も多様化し、単なる事故対応以外に救急医療サービス、自動車修理・レッカーサービスへの連絡・あっ旋もサポート内容になってきています。事故現場での情報を電話などで収集して、  想像力を働かせながらお客様の問題を解決することにやりがいを感じて志望させていただきました。教育制度が充実しており成長できる環境があるとも思いました。新時代の保険サービスに貢献できる自信があります。よろしくお願いいたします。
  2. 当社の強み(3つ)のうち最も関心を持った項目と、その理由をお答えください。
     御社の3つの強みのうち最も関心を持ったのは、人材・社風です。保険の初期対応では法務・レッカーサービス、修理、救急医療対応など、社外の様々な人とのチームワークが重要となる場面も多くあると聞きます。 初めてコミュニケーションをとる社外のスタッフとも十分な情報交換をできるだけの想像力と理解力、表現力を磨くことが必要とされることにやりがいを感じます。 また、そうした複雑で根気のいる職務で、お客様の利益を第一に考えながら、丁寧で安心できるとお客様に感じていただけるようなホスピタリティの提供が求められているから、強みとして挙げられているのだとと思います。 困っている人を助けたいという強い思いを持って日々の仕事を遂行するチームワークの一員になりたいと思ったので、関心を持ちました。 チームが自分の考えや状況についての不安を言い合える風通しの良い組織で社員が延び延びと実力を発揮していくことができる環境に魅力を感じました
大手メーカー関連会社
  1. 当社への志望動機やきっかけは何ですか
    企業研究するうちに〇〇の堅実経営と財務基盤を基礎に、経営戦略・情報システムに関するコンサルティングやソリューションの提案から、 多くの顧客を持ち、素材産業をはじめとして多くの市場に参入している御社の事業形態に興味を持ったので志望致します。 事業規模も大きく最先端のエレクトロにクス分野にも参入していることにも惹かれました。 システム設計・開発・保守・運用サービスまで一貫して提供しているだけでなく、高い技術力に裏付けられて金融業務分野にも強みを持っていることを知り、 高い成長性を感じました。私は幼稚園から小学校4年生まで海外で育ちましたので、世界市場を席巻した御社の底力と信用力感じ、貢献できればと思い志望いたしました。
  2. チームや誰かのために努力し、喜びを感じた経験をご記入ください。 中学や高校の部活で、新入部員に自信を付けさせることに努力をしてきました。 初心者はできないのは当然ですが、自信を無くすと部活に出てこなくなり上達のチャンスも無くなってしまいます。 そこで、相手を傷つけずに前向きになってもらうよう指導しました。また、挑戦する気持ちと達成感を味わってもらえるようにも心がけました。 大切なのは、できなくても焦らせないこと。自分の思うようになるには長く根気のいる努力が必要だと知らせることです。指導する側にも忍耐強く待つ気持ちが大切だと感じました。 試合では、苦しい局面でも、相手の心理を考えて「相手も同じで負けるのが怖い。前向き頑張れば打ち負かせる。」と考えるようにして何度も勝利できました。

 “ 最終回「最後に若い読者へのメッセージ ~ 人生は奇跡の連続」

  千葉ロッテマリーンズの球団改革を手掛けた当事者による熱血スポーツ経営論!
PDCAサイクルでスポーツビジネスの経営を徹底分析。財務構造、ビジネスモデル、中期経営計画の策定からスタジアムへの入場者増員計画、ファン・親会社などステークホルダーとのコミュニケーションまで、スポーツビジネスを網羅的に解説した決定版テキストの誕生!
                        (以上、アマゾン著者紹介より)