東大カリスマ講師の公務員試験予備校

社労士試験について

今から社労士


     
合格可能性テストを受けてみよう   
社労士試験合格可能性テスト
面接

〇 受験資格    
  1 学歴 2 実務経験 3 国家資格合格
※ 大学を卒業した人は大体受けられます。資格については社会保険労務士試験の受験資格 を参照してください。    
〇 試験科目免除     
社会保険労務士試験では、実務経験等により試験科目の一部免除を受けることができます。以下の条件に該当する方は受験申込みと併せて申請することにより、当該試験科目の免除が決定された科目について試験が免除されます。
  1. 国又は地方公共団体の公務員として労働社会保険法令に関する施行事務に従事した期間が通算して10年以上になる方
  2. 厚生労働大臣が指定する団体の役員若しくは従業者として労働社会保険法令事務に従事した期間が通算して15年以上になる方又は社会保険労務士若しくは社会保険労務士法人の補助者として労働社会保険法令事務に従事した期間が通算して15年以上になる方で、全国社会保険労務士会連合会が行う免除指定講習を修了した方
  3. 日本年金機構の役員又は従業者として社会保険諸法令の実施事務に従事した期間(日本年金機構の設立当時の役員又は職員として採用された方にあっては、社会保険庁の職員として社会保険諸法令の施行事務に従事した期間を含む。)が通算して15年以上になる方
  4. 全国健康保険協会の役員又は従業者として社会保険諸法令の実施事務に従事した期間(全国健康保険協会設立当時の役員又は職員として採用された方にあっては、社会保険庁の職員として社会保険諸法令の施行事務に従事した期間を含む。)が通算して15年以上になる方
1~4の他にも試験科目ごとに免除資格があります。詳細は「試験科目の一部免除資格者一覧 」をご覧ください。

〇 試験科目
  1. 選択式(8問 40点 80分)長文空欄補充式試験 :文章中の5つの空欄に選択肢の中から正解番号を選び、マークシートに記入します。
  2. 択一式(70問 70点 210分) 5肢択一式試験 

〇 出題分野
  1. 労働基準法
  2. 労働安全衛生法
  3. 労働災害補償保険法
  4. 雇用保険法
  5. 労働保険料徴収法
  6. 労務管理その他労働に関する一般常識
  7. 社会保険に関する一般常識
  8. 健康保険法
  9. 厚生年金保険法
  10. 国民年金法
法律の数は多いが、基本的にどの法律も条文と基礎知識だけで対応できる。

〇 合格基準
  1. 総得点  選択式  23点以上     択一式   42点以上      ※ 科目別にクリアしなければならない
  2. 科目別  選択式  各科目3点以上  択一式   各科目 4点以上  ※ 科目別にクリアしなければならない
法律の数は多いが、基本的にどの法律も条文と基礎知識だけで対応できる。

 個別指導だから いつからでも学習スタートできます 

  1. ガイダンスを受講して学習計画を立てて、スタートしましょう
  2. 受験時期 合格職種に合わせて島村講師が丁寧にガイダンスします
  3. お気軽にガイダンス予約をしてください。
2019年 資格試験個別指導ガイダンス

個別指導だから受かる
女性
社労士試験も大学受験のように個別指導で受かる時代です

< 受講プラン >

       
  1. 学力や志望に合わせた受講バランスで全科目の指導をしてほしい。
  2. 苦手・弱点克服のために単科の集中利用をしたい
  3. 初学者なので基本から教えて欲しい
  4. 働きながら受験するので、スケジュールに融通を利かしてほしい。
  5. 民間企業従業員だが、仕事で使うので一回で合格したい。
 
上記以外も、受講生の方のご要望に合わせてカリキュラムを作成いたします。

 受講料 

 
講座名称価格決済方法
2020年 社労士必勝合格講座 個別指導クラス 178,000円